top of page

SNS広告で失敗しない!費用対効果を最大化する5つの秘訣:ROAS向上のためのSNS広告戦略!絶対に避けるべきポイント



今日は、SNS広告のデメリットを抑えて「費用対効果(ROAS)」を最大化するために、これだけはやらないほうがいいことのまとめをお届けします。


 

SNS広告のデメリットとは?


SNS広告は、多くのユーザーにリーチできる、効果的なマーケティング手法です。しかし、SNS広告にはデメリットもあります。


例えば、

・広告費が高い

・広告効果の測定が難しい

・広告審査に時間がかかる

・広告内容に制限がある

・広告がスパムと誤認される


などです。これらのデメリットを抑えて、SNS広告の「費用対効果(ROAS)」を最大化するためには、どうすればいいでしょうか?


これだけはやらないほうがいいこと5つ


答えは簡単です。これだけはやらないほうがいいことを守ることです。では、具体的に見ていきましょう。


1. 広告費を無駄にしない


SNS広告の費用は、クリック数やインプレッション数に応じて変動します。

つまり、広告を見たりクリックしたりする人が多ければ多いほど、広告費は高くなります。


しかし、それだけでは「費用対効果(ROAS)」は高くなりません。なぜなら、見たりクリックしたりするだけでは、商品やサービスを購入したり問い合わせしたりするとは限らないからです。


そこで、広告費を無駄にしないためには、次のことに注意しましょう。


・広告のターゲティングを細かく設定する

・広告のコピーと画像を魅力的にする

・広告のランディングページを最適化する

・広告の成果を定期的に分析する


これらのことを実践すれば、広告費を節約しながら、「費用対効果(ROAS)」を高めることができます。


2. 広告効果の測定を正しく行う


SNS広告の効果を測定するためには、専用のツールやプラットフォームを利用する必要があります。


しかし、それだけでは十分ではありません。なぜなら、ツールやプラットフォームは、データを提供するだけであり、そのデータをどう解釈するかは自分で判断しなければならないからです。


そこで、広告効果の測定を正しく行うためには、次のことに注意しましょう。


・広告目的とKPI(重要業績評価指標)を明確にする

・測定方法と期間を統一する

・測定結果と分析結果を報告する

・測定結果に基づいて広告の改善策を考える


これらのことを実践すれば、広告効果の測定を正しく行い、「費用対効果(ROAS)」を高めることができます。


3. 広告審査に時間がかからないようにする


SNS広告を出稿する前には、必ず広告審査を受ける必要があります。

広告審査とは、SNSプラットフォームが広告内容に問題がないかをチェックするプロセスです。


広告審査には、数分から数日かかる場合があります。広告審査に時間がかかると、広告の出稿が遅れたり、キャンペーンの期間が短くなったりする可能性があります。


そこで、広告審査に時間がかからないようにするためには、次のことに注意しましょう。


・広告内容に違反や不適切な表現がないか確認する

・広告内容に関連性や信頼性があるか確認する

・広告内容に誇大広告や虚偽の主張がないか確認する

・広告内容に著作権や商標権の侵害がないか確認する


これらのことを実践すれば、広告審査に時間がかからず、「費用対効果(ROAS)」を高めることができます。



4. 広告内容に制限があることを理解する


SNS広告は、多くのユーザーにリーチできる反面、広告内容に制限があります。


例えば、


・政治的・宗教的・社会的な問題に関する広告

・性的・暴力的・差別的な内容の広告

・薬物・アルコール・タバコ・ギャンブルなどの広告

・個人情報・金融情報・医療情報などの広告


などは、SNSプラットフォームのポリシーによって制限されたり禁止されたりする場合があります。これらの制限は、ユーザーの安全や利益を守るために設けられています。


そこで、広告内容に制限があることを理解するためには、次のことに注意しましょう。


・SNSプラットフォームの広告ポリシーを事前に確認する

・広告内容に問題がある場合は修正する

・広告内容に問題がある場合は別のプラットフォームを検討する

・広告内容に問題がある場合は専門家に相談する


これらのことを実践すれば、広告内容に制限があることを理解し、「費用対効果(ROAS)」を高めることができます。


5. 広告がスパムと誤認されないようにする


SNS広告は、ユーザーの興味やニーズに合わせて表示されます。しかし、ユーザーは必ずしも広告に興味を持っているとは限りません。

むしろ、広告が自分のSNSの体験を妨げていると感じる場合もあります。


そのような場合、ユーザーは広告をスパムと誤認し、無視したりブロックしたりする可能性があります。広告がスパムと誤認されると、広告の効果は低下し、「費用対効果(ROAS)」も低くなります。


そこで、広告がスパムと誤認されないようにするためには、次のことに注意しましょう。


・広告の頻度や回数を適切に設定する

・広告のタイミングや場所を適切に設定する

・広告の内容やトーンを適切に設定する

・広告のフィードバックやレビューを適切に対応する


これらのことを実践すれば、広告がスパムと誤認されないようにし、「費用対効果(ROAS)」を高めることができます。


まとめ

以上、SNS広告のデメリットを抑えて「費用対効果(ROAS)」を最大化するために、これだけはやらないほうがいいことのまとめでした。


SNS広告は、効果的なマーケティング手法ですが、それだけでは成功しません。デメリットを抑えて、「費用対効果(ROAS)」を高めるためには、これだけはやらないほうがいいことを守ることが大切です。

ぜひ、参考にしてみてください。


それでは、今日はこの辺で失礼します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。

ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!




著者名: 【可児有紀子:海辺の部屋CDO】 ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。 大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う。


海辺の部屋ホームページ https://www.umibe.art/

コメント


bottom of page