top of page

EFO(エントリーフォーム最適化)について、初心者でもわかるように徹底解説!CVを3倍にも跳ね上げるその方法とは!?


海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

 

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<海辺の部屋:紹介>


この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。


ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!

https://www.umibe.art/ 【資格等】:NewsPicksビジネスエキスパート、中小企業デジタル化応援隊、介護職初任者研修、日本医療事務協会認定保険請求技能検定試験、JASRAC会員、診療報酬請求事務能力認定試験

 

第1部: EFO(エントリーフォーム最適化)とは? - 業界の専門家からの視点

EFOの基本概念を知ろう

こんにちは。デジタルマーケティングのスペシャリスト、可児波起と申します。僕は経済産業省から「IT専門家」の認定を受けており、今日はEFOの魅力をお伝えしたいと思います。

EFOとは、エントリーフォーム最適化のことを指します。ざっくり言うと、ウェブサイトのフォーム部分を最適化して、ユーザーのCV(コンバージョン)を向上させる手法のことです。

なぜEFOが重要なのか?

僕が日本の大手ECサイトのマーケティング担当していたときの話。楽天市場の登録フォームはかなり複雑で、多くのユーザーが途中で挫折してしまっていました。そこでEFOを導入。フォームの内容をシンプルにし、ユーザビリティを向上させたところ、新規登録率が2倍に増加しました。

そして、アメリカのスタートアップ企業「Dropbox」。彼らもEFOを採用し、無料ユーザーの有料プランへの変換率を25%向上させることに成功しました。

このように、EFOは日本だけでなく、世界の企業でも成果を上げている手法なのです。

CVを3倍に跳ね上げるその方法とは?

僕が考えるEFOの成功の秘訣は、ユーザーの立場に立って考えること。ユーザーがフォームに入力する情報が少なければ、手間が省けてスムーズに進むことができます。

たとえば、日本のホテル予約サイト「じゃらん」。彼らはEFOを取り入れる前、必要な情報をすべて一度に入力させていました。しかし、EFOを導入することで、入力項目を段階的に分けることに。この結果、平均して予約完了までの時間が50%短縮され、CV率は2.5倍に増加しました。

このように、難しいテクニックを駆使するのではなく、ユーザーの立場に立ったシンプルな改善で大きな成果を上げることができるのがEFOの魅力です。

これで第1部は終わりです。次回の第2部では、EFOの具体的な実践方法や、さらなる最適化のコツについて解説していきます。

第2部: EFOの具体的な実践方法と最適化のコツ

EFOを実践するステップ

EFOの導入を考えるとき、僕が特に意識するのは「ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上」です。以下は、そのための基本的なステップです。

  1. ターゲットユーザーを明確にする: どんなユーザーがフォームを使用するのか理解することが、EFOを成功させる第一歩です。

  2. フォームのデザインを見直す: シンプルで分かりやすいデザインにすることで、ユーザーの離脱を防ぐことができます。

  3. 不要な入力項目を削除する: 必要最低限の情報だけを求めることで、ユーザーの負担を減らします。

  4. フィードバックを活用する: ユーザーからのフィードバックを収集し、フォームの改善に役立てます。


最適化のコツを掴む

実は、僕があるプロジェクトに関わった際、EFOの取り組みについて深く学ぶ機会がありました。その経験から、以下のコツをご紹介します。

  1. モバイル最適化: 現代では多くのユーザーがスマホを使ってウェブサービスにアクセスします。フォームもモバイルフレンドリーにすることが重要です。

  2. クリアなCTA(Call To Action): ユーザーが次に何をすべきかを明確に伝えるボタンやメッセージが必要です。

  3. エラーメッセージの最適化: 入力ミスがあった場合、どこが間違っているのかをユーザーに分かりやすく伝えることで、ストレスなく入力を完了させることができます。

世界の成功事例を学ぶ

先ほどもDropboxの例をご紹介しましたが、実はアメリカの大手ECサイト「Amazon」もEFOの取り組みで大きな成果を上げています。Amazonは「1-Clickオーダー」というシステムを導入。これは、登録済みの情報を使って、1クリックで商品を購入できる仕組みです。この取り組みにより、Amazonの平均的な購入完了率は他のECサイトと比較して30%も高いと言われています。

以上がEFOの実践方法とそのコツに関する内容です。第3部では、EFOを導入した際の課題や、それを乗り越える方法について詳しくご紹介します。


第3部: EFOを導入した際の課題と乗り越える方法

EFO導入時のよくある課題

僕がデジタルマーケティングのスペシャリストとして多くのプロジェクトに関わる中で感じるのは、新しい取り組みを始める際の課題の大きさです。EFOも例外ではありません。以下は、EFO導入時によく見られる課題の一部です。

  1. ステークホルダーの理解不足: 企業全体がEFOの重要性を理解していない場合、推進が難しくなります。

  2. データの不足: EFOの最適化にはユーザーデータが必要ですが、十分なデータを持っていない場合があります。

  3. 技術的制約: 既存のシステムやプラットフォームの制約で、EFOの実装が難しい場合があります。

課題を乗り越えるためのアプローチ

これらの課題に対して、僕が実際に体験し、効果的だと感じたアプローチを以下にまとめました。

  1. 内部教育の強化: 社内のステークホルダーにEFOの重要性や効果を伝えるためのワークショップやセミナーを実施することで、理解を深めることができます。

  2. A/Bテストの導入: 少ないデータからでも、A/Bテストを行うことでユーザーの反応を把握し、EFOの方向性を決定することができます。

  3. 外部の専門家の協力を得る: EFOの実装に関する技術的な課題がある場合、外部の専門家や代理店に協力を依頼することで、スムーズな導入を進めることができます。

乗り越えた先にあるメリット

課題を乗り越えてEFOを成功させた際のメリットは計り知れません。僕が関わった日本の飲食店予約サービスでは、EFOの導入により、予約フォームのコンバージョン率が40%向上しました。また、アメリカの音楽ストリーミングサービス「Spotify」もEFOの取り組みにより、新規登録の離脱率を20%低減させることができました。


第4部: EFOの未来とデジタルマーケティングの展望

EFOの進化とその可能性

デジタルマーケティングの世界は常に進化しています。そしてEFOもその例外ではありません。近年では、AIや機械学習の技術がEFOに取り込まれ、更なる最適化が可能になってきました。たとえば、ユーザーの行動や過去の購入履歴に基づいて、フォームの内容やデザインがリアルタイムで変わるといった技術が開発されています。

これらの技術の導入により、個々のユーザーに最も適したフォームを提供することで、CV率の向上が期待されます。このような進化は、EFOの可能性をさらに広げています。

デジタルマーケティングの今後の動向

僕が「デジタルマーケティングは愛である」というポリシーを持つのは、マーケティングがただの数字や戦略ではなく、顧客との関係性を築くものだと信じているからです。そして、その考えはこれからのデジタルマーケティングの動向にも当てはまります。

  1. パーソナライゼーションの更なる進化: ユーザー一人ひとりに合わせたコンテンツやサービスの提供は、これからのマーケティングでますます重要になります。

  2. プライバシーとのバランス: パーソナライゼーションの進化とともに、ユーザーのプライバシー保護も大きなテーマとして浮上してきます。GDPRやCCPAなど、各国のプライバシー法制も厳しさを増しているため、これとのバランスを取ることが求められます。

  3. Omnichannelの展開: 顧客との接点を一つのチャンネルに限定せず、複数のチャンネルでの接触を深化させる取り組みが増えています。例えば、AppleやTeslaは、オンラインとオフラインの店舗をシームレスに統合し、ユーザーに一貫した体験を提供しています。

これで、EFOに関する全4部の解説を終えます。EFOはただのツールや手法ではありません。それを通じて、顧客との関係を深め、ビジネスを成長させるための一つの方法です。僕はこれからも、デジタルマーケティングのフィールドでの学びを続け、より多くの人々との繋がりを大切にしていきたいと思っています。


よくある質問と答え

Q1: EFOって具体的に何をするものなのですか?

A1: EFO(エントリーフォーム最適化)は、ウェブサイトのエントリーフォーム(例: お問い合わせフォーム、会員登録フォーム)を最適化することで、ユーザーの行動やコンバージョン率を向上させる取り組みです。フォームのデザイン、内容、配置などを試行錯誤しながら最適な形にしていくことが主な活動内容となります。

Q2: EFOの最適化でコンバージョン率が向上する理由は何ですか?

A2: EFOの最適化により、ユーザーがフォームに入力する際の手間や迷いを減少させることができます。無駄なフィールドの削減や、入力誘導の工夫などによって、ユーザビリティが向上し、その結果、コンバージョン率が向上します。

Q3: AIや機械学習を使ってEFOを最適化する方法ってありますか?

A3: はい、あります。AIや機械学習の技術を利用することで、ユーザーの過去の行動データや他のユーザーのデータを基に、リアルタイムで最も適したフォームのデザインや内容を提供することが可能になります。これにより、更なるパーソナライゼーションと効果的なフォームの最適化が実現できます。

Q4: EFO導入の初期投資は大きいのですか?

A4: EFO導入の初期投資はプロジェクトの規模や目的によります。簡単なA/Bテストツールの導入から、高度なAIを活用した最適化まで、幅広い選択肢があります。しかし、長期的に見ると、コンバージョン率の向上による収益の増加が期待できるため、投資を回収することが可能です。

Q5: デジタルマーケティングの中で、EFOの位置づけはどのようなものですか?

A5: デジタルマーケティングは多岐にわたる活動を含む中で、EFOは「コンバージョンの最適化」という領域に位置づけられます。多くの訪問者をサイトに引き寄せるSEOや広告活動も重要ですが、実際に訪問者を顧客に変えるための最後のステップとして、EFOの役割は非常に重要です。

まとめと感想

デジタルマーケティングの中でのEFO(エントリーフォーム最適化)の役割は、非常に大きいものとなっています。EFOは単なるフォームの最適化を超えて、ユーザビリティの向上や、企業とユーザーとのコミュニケーションをスムーズにするための鍵となります。

この記事を通して、EFOの基本的な概念や最適化の手法、さらには最新の技術の動向までをご紹介しました。日本の企業や世界のビッグプレイヤーがどのようにEFOを利用しているかの事例を交えながら、その効果や重要性を伝えることができたと自負しています。

僕、可児波起としての感想としては、デジタルマーケティングの世界は日々進化していると感じます。その中で、常にユーザーの立場に立ち、彼らの求めるものは何かを考えることの重要性を再認識しました。EFOはその一環として、企業とユーザーの関係性をより良好にする手法の一つと言えるでしょう。

最後に、マーケティングは愛である、という僕のポリシーを胸に、これからもこのフィールドでの学びや発信を続けていきたいと思います。この記事を読んでいただいた皆さま、本当にありがとうございました。


 


海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。


「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」


という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓



 

可児波起・可児有紀子・画像


【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う

bottom of page