top of page

Twitterが次々に「有料プラン」を展開!インターネットは「ただ」「無料」の時代の終焉と新しい時代の幕開け

更新日:2023年1月26日


今、


「そもそも、インターネットサービスは無料」


という思考の転換点にきていると思います。


Facebookのザッカーバーグは、「実名」というインターネットのタブーを見事に打ち破り、徹底的に「個人情報」を、ひっそりと抜き取り、ピンポイントのターゲティング広告を作り上げました。


iOS 14.5 の規制が入るまで、その個人情報の精度は恐ろしいくらい正確でした。



インターネットが、電話回線の時から使っていますが、ずっと不思議なのは、


「どうして、これだけ便利なサービスが『無料』なのか」でした。



それが、次第に、自分の個人情報をプラットフォームに渡すことで、交換として無料で使わせてもらい、パーソナライズ(個人に最適化)された広告が流れて、ついクリックし、購入する、という枠組みの中にいることに気づきます。



気づいて、怖くなった人は「脱Google」を試みたりしますが、Googleなしに、ネットは成立せず、ネットのない世界は、それはそれで、困るのです。



さて、Twitterを買収したイーロン・マスク氏は、この「個人情報くださいな。その代わり無料ね!」


という、インターネットを終わらせようとしているのだと思います。



個人情報を抜かれることには、とても敏感なのに、無料で使うことには固執する。



この矛盾した思考から抜け出し、価値あるサービスには、対価としてお金などを払い、健全な形でサービスが継続していく。



新しい、Web3.0は、そんな時代なのかもしれませんね!


著者名:
【可児波起:海辺の部屋CEO】
ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。
「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている
ポートフォリオサイト:
https://www.behance.net/namikikani

Comments


bottom of page