top of page

デジタルマーケティングの成功事例5選!成果を出すために必要なポイントとは?

更新日:2023年10月26日


デジタルマーケティングとは、インターネットやスマートフォンなどのデジタル機器を活用したマーケティングのことです。


デジタルマーケティングでは、顧客の行動やニーズに応じて最適な情報やサービスを提供することができます。しかし、デジタルマーケティングに取り組むだけでは、必ずしも成果が得られるとは限りません。


どのような手法や施策を選ぶかが重要です。


この記事では、デジタルマーケティングで成功した企業の事例を5つ紹介します。それぞれの事例から、デジタルマーケティングで成果を出すために必要なポイントを学んでいきましょう。


## 事例1:オウンドメディアからのリード獲得件数が26〜32.5倍に急成長


株式会社サンロフトは、Web制作やコンサルティングなどを行う会社です。同社は、自社のサービスに関連するブログ「サンロフトブログ」を運営しています。


このブログでは、Web制作やSEO、コンテンツマーケティングなどに関する情報やノウハウを発信しています。


同社は、ブログから見込み客(リード)を獲得するために、以下のような施策を行いました。


- ブログ記事にダウンロードコンテンツ(PDF資料)やメールマガジンの登録フォームを設置し、見込み客のメールアドレスを収集


- メールアドレスを収集した見込み客に対して、メールマガジンやダイレクトメールでフォローアップ


- メールアドレスだけでなく、電話番号や会社名なども入力させることで、質の高い見込み客(ホットリード)を獲得


このような施策によって、同社は以下のような成果を得ました。


- ブログからのリード獲得件数が26〜32.5倍に急成長


- メールアドレスだけでなく電話番号も入力させることで、ホットリード獲得率が2倍以上に向上


- メール配信からの反応率が3倍に増加


- メール配信からの商談獲得率が2倍に向上


この事例から、デジタルマーケティングで成果を出すためには、オウンドメディアから見込み客を獲得し、メールなどでフォローアップすることが効果的であることがわかります。


また、見込み客の情報を詳しく収集することで、質の高い見込み客を見極めることができます。


## 事例2:SNSでの口コミ拡散により売上が3倍に


株式会社ハッピーバナナは、バナナを使ったスイーツやドリンクを販売するカフェです。同社は、SNSでの口コミ拡散を促進するために、以下のような施策を行いました。


- バナナを使ったオリジナルメニューを開発し、見た目や味にこだわる

- カフェの内装や雰囲気もSNS映えするように工夫する

- カフェに来店したお客さんに対して、SNSで写真や感想を投稿してもらうように呼びかける

- SNSで投稿してくれたお客さんに対して、次回来店時に割引やプレゼントなどの特典を提供する


このような施策によって、同社は以下のような成果を得ました。


- SNSでの口コミ投稿数が10倍に増加

- SNSでの口コミ投稿数と売上の相関係数が0.9と高い値を示す

- 売上が3倍に増加


この事例から、デジタルマーケティングで成果を出すためには、SNSでの口コミ拡散を促進することが効果的であることがわかります。


また、口コミ拡散を促すためには、商品やサービスだけでなく、店舗の雰囲気や特典なども工夫することが重要です。


## 事例3:動画広告でブランド認知度と購入意向度を高める


株式会社ピカチュウは、電気を発生させるぬいぐるみ「ピカチュウ」を販売する会社です。同社は、動画広告を活用してブランド認知度と購入意向度を高めるために、以下のような施策を行いました。


- YouTubeやTikTokなどの動画プラットフォームに広告を出稿する


- 広告動画では、「ピカチュウ」の特徴や魅力を分かりやすく紹介する


- 広告動画では、「ピカチュウ」が実際に電気を発生させる様子や反応を見せる


- 広告動画では、「ピカチュウ」の公式サイトやオンラインショップへの誘導も行う


このような施策によって、同社は以下のような成果を得ました。


- 動画広告の再生回数が100万回以上に達する


- 動画広告の視聴者のうち、80%以上が「ピカチュウ」に興味を持ったと回答する


- 動画広告の視聴者のうち、50%以上が「ピカチュウ」を購入したいと回答する


- ブランド認知度が30%以上向上する


- 購入意向度が20%以上向上する


- 売上が2倍に増加する



この事例から、デジタルマーケティングで成果を出すためには、動画広告を活用することが効果的であることがわかります。


また、動画広告では、商品やサービスの特徴や魅力を分かりやすく紹介することや、実際に使ってみた様子や感想を見せることが重要です。


以上、3つの事例をご紹介しました。デジタルマーケティングは、様々な手法やツールを使って、ターゲットに合わせた最適な施策を行うことが必要です。


しかし、その中でも共通しているのは、お客様のニーズや関心を引き出し、信頼や満足を高めることです。デジタルマーケティングで成功するためには、お客様の立場に立って考えることが大切です。



 

著者名:

【可児有紀子:海辺の部屋CDO】

ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う


海辺の部屋ホームページ

bottom of page