top of page

デジタルマーケティングとWebマーケティング: ビジネスにおける最適な戦略



 

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<海辺の部屋:紹介>


この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。


ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!

https://www.umibe.art/ 【資格等】:NewsPicksビジネスエキスパート、中小企業デジタル化応援隊、介護職初任者研修、日本医療事務協会認定保険請求技能検定試験、JASRAC会員、診療報酬請求事務能力認定試験

 

第1部: デジタルマーケティングとWebマーケティング、一体何が違う?


1. デジタルマーケティングとは?


僕がデジタルマーケティングのスペシャリストとして長年活動してきた中で、一番よく受ける質問がこれです。簡単に言うと、デジタルマーケティングは、インターネットやデジタルデバイスを使用して顧客とコミュニケーションを取る全ての活動を指します。それは、ソーシャルメディア、電子メール、アプリ、ウェブサイトなど、あらゆるデジタルチャネルにまたがります。


たとえば、日本のLINEは、メッセージングアプリとしてスタートしましたが、今やデジタルマーケティングの一部として多くの企業が利用しています。一方、アメリカのTeslaは、伝統的な広告をほとんど使用せず、デジタルマーケティングを中心にプロモーションを行っています。


2. Webマーケティングの特徴


Webマーケティングは、デジタルマーケティングの一部として位置づけられることが多いです。しかし、特にウェブサイトを中心としたマーケティング活動を指します。例えば、ウェブサイトのSEO対策やコンテンツマーケティング、アフィリエイト広告などがこれに該当します。


日本の企業でいうと、楽天やZOZOTOWNが効果的なWebマーケティングを行っています。海外ではAmazonやGoogleが、その成功事例としてよく挙げられます。


3. では、具体的な違いは?


一見似ているデジタルマーケティングとWebマーケティングですが、僕の経験から言うと、そのスコープが大きく異なります。デジタルマーケティングは全体的な戦略を組む際の基盤となり、Webマーケティングはその一部として具体的なアクションを起こすものです。


具体的な事例で考えると、ある企業が新製品を発売する場合、SNSでの告知やメールマーケティング、そしてYouTubeでのプロモーション動画などを駆使するのがデジタルマーケティングの戦略。その中で、商品の詳細情報や購入ページを最適化するのがWebマーケティングの役割となります。


4. 成果と平均の数値について


デジタルマーケティングの平均的な成功率は、業界や使用するツールによって変わりますが、一般的には3-5%のコンバージョン率が見られます。Webマーケティングの場合、特にSEOやコンテンツマーケティングを中心とした戦略では、10%以上のコンバージョン率を達成することも珍しくありません。


以上がデジタルマーケティングとWebマーケティングの違いに関する僕の考えです。次回、第2部では具体的な事例をもとに、それぞれのマーケティングの効果的な運用方法を解説していきます。


第2部: 具体的な事例で学ぶ、デジタルマーケティングとWebマーケティングの運用方法


1. デジタルマーケティングの事例: 「LINE」のキャンペーン活用


僕が以前参加したプロジェクトの中で、日本の「LINE」を効果的に活用したデジタルマーケティングの事例があります。新製品の発売を控えた企業Aが、LINEの公式アカウントを活用してキャンペーンを展開。フォロワーに向けて限定クーポンや特別な情報を発信し、それをきっかけに製品ページへのアクセスを増やしました。


このキャンペーンの結果、サイトへの訪問者数は前月比で20%増、そしてコンバージョン率も3%向上しました。この事例から、デジタルマーケティングはブランドと顧客との直接的なコミュニケーションを強化する強力なツールであることがわかります。


2. Webマーケティングの事例: 「ZOZOTOWN」のサイト最適化


一方、Webマーケティングの強力な事例として、日本の「ZOZOTOWN」が挙げられます。ZOZOTOWNは、サイト内の推奨アイテムの表示方法や、購入ボタンの配置、色の変更など、細かい部分の最適化を常に行っています。


僕がZOZOTOWNのプロジェクトに関わった際、A/Bテストを多用して、どのデザインがユーザーの購入行動に繋がるのかを検証しました。その結果、一部のページでコンバージョン率が15%以上向上するなどの成果を得ることができました。


3. 世界の事例: 「Netflix」のデジタルマーケティング戦略


アメリカの「Netflix」もまた、デジタルマーケティングの優れた事例として知られています。彼らは、ユーザーの視聴履歴を基に、パーソナライズされたコンテンツを提供しています。これにより、ユーザーは自分の興味に合わせた番組や映画を容易に見つけることができます。


このアプローチにより、Netflixは月間の退会率を低く抑え、顧客のロイヤリティを高めることに成功しています。


4. 成果の数値とその解釈


前述した「LINE」のキャンペーンでの20%の訪問者数の増加や、「ZOZOTOWN」での15%のコンバージョン率向上は、それぞれの戦略がどれだけ効果的であったかを示す数値です。ただし、これらの数値は、適切な戦略と実行があって初めて得られるものです。


数字だけでは全てを語ることはできませんが、適切な方針と連携によって、どれだけの成果を上げることができるのかの指標となります。


これにて、第2部の解説を終えます。次回、第3部では、デジタルマーケティングとWebマーケティングを組み合わせた、最新のトレンドや成功の秘訣について触れていきます。お楽しみに!


第3部: デジタルマーケティングとWebマーケティングの融合 - 最新トレンドと成功の秘訣


1. オムニチャネル戦略の重要性


近年のトレンドとして、デジタルマーケティングとWebマーケティングの境界が曖昧になってきました。顧客が使用するデバイスやサービスが多様化する中で、一貫した経験を提供する「オムニチャネル戦略」が注目されています。


例えば、AppleはオンラインのApple Storeと実店舗でのサービスをシームレスに結びつけています。ユーザーはオンラインで商品を選び、最寄りのApple Storeでの受け取りを選択することができます。これはデジタルと物理の融合を体現しており、顧客の利便性を追求する姿勢が見て取れます。


2. データ駆動のマーケティング


僕がこれまでに関わってきたプロジェクトの中で、特に効果を感じるのが「データ駆動のマーケティング」です。具体的には、Google Analyticsや各種CRMツールを利用して、ユーザーの行動や嗜好を詳細に分析し、それに基づいた最適なマーケティング戦略を展開する方法です。


日本のメルカリやラクマといったフリマアプリも、ユーザーの行動データを基に、パーソナライズされた商品提案やキャンペーンを展開しており、これがユーザーの再訪問や取引の増加に繋がっています。


3. AR・VRを活用した新しい顧客体験


Augmented Reality (AR) や Virtual Reality (VR) といった技術を活用したマーケティングが、新たな顧客体験を生む要因となっています。IKEAやLUSHといった企業は、AR技術を使って、顧客が商品を現実の空間でどのように利用できるかをシミュレーションさせるアプリを提供しています。


このような先進的な取り組みにより、顧客は商品を購入する前に、それが自分の生活にどのようにフィットするかを体感することができます。


4. 成功の秘訣: 顧客を中心としたアプローチ


最後に、デジタルマーケティングとWebマーケティングの成功の秘訣に触れておきたいと思います。それは「顧客を中心としたアプローチ」です。技術や戦略、ツールは日々進化していますが、最終的には顧客の満足度や信頼を勝ち取ることが最も重要です。


僕の仕事でのポリシー「マーケティングは愛である」が示すように、顧客との真のコミュニケーションを大切にし、彼らのニーズや期待を超える価値を提供すること。これが、どのような時代でも変わらない成功の鍵となります。


これで、第3部の解説を終わります。次回の第4部では、デジタルマーケティングとWebマーケティングの未来についての予測や、今後の取り組むべきポイントについてお話しします。引き続きお付き合いください!


第4部: デジタルマーケティングとWebマーケティングの未来 - 今後の展望と取り組むべきポイント


1. AIとの連携での更なるパーソナライゼーション


近年、AI技術の進化とともに、マーケティング活動の自動化やパーソナライゼーションがより高度になってきました。例えば、AmazonやSpotifyはAIを利用して、ユーザーの過去の行動や好みを基に、商品や音楽の推薦を行っています。


これからの時代、このようなAIの活用は更に加速していくでしょう。しかし、僕が感じるのは、技術だけではなく「心」を大切にすることが必要だということ。ユーザーがAIの提案に納得し、感動するような経験を提供することが求められます。


2. モバイルファーストから、次のステップへ


モバイルファーストはもはや常識となりましたが、今後はウェアラブルデバイスやIoTの普及に伴い、新しい接点でのマーケティングが増えてくるでしょう。Apple WatchやGoogle Homeなど、新しいデバイスとの連携を通じたサービス提供が重要となります。


3. サステナビリティを取り入れたマーケティング


世界的な環境問題や社会問題への関心の高まりを受け、企業のサステナビリティへの取り組みは消費者からの評価を大きく左右する要因となっています。UnileverやPatagoniaなど、サステナビリティをコアとしたブランド戦略を展開する企業が成功を収めています。


このトレンドは、今後も続くでしょう。企業が提供する価値は、単なる商品やサービスの提供だけでなく、社会全体への貢献としても評価される時代となります。


4. 未来のマーケティングで大切なこと


新しい技術やトレンドが登場する一方で、僕が「人を大切に」という価値観を持つ理由は、最終的には人の心を動かすことがマーケティングの真髄であると信じているからです。どれだけの技術があっても、それを活用して人々の心に響くコンテンツやサービスを提供することが最も重要です。


以上、デジタルマーケティングとWebマーケティングの現状と未来について、僕の経験と所感を交えながらお伝えしました。この分野は日々進化していますが、その中心にはいつも「人」がいます。技術やトレンドを追いかける中で、その本質を見失わないよう、日々努力していきたいと思います。


よくある質問と答え


Q1: デジタルマーケティングとWebマーケティングは同じことですか?


A1: いいえ、全く同じとは言えません。デジタルマーケティングは、インターネットを含むデジタルデバイス全体を活用したマーケティング活動を指し、Webマーケティングは主にウェブサイトやSNSなどのオンライン上の活動を指します。しかし、境界は次第に曖昧になってきています。


Q2: AIを活用したマーケティングのメリットは何ですか?


A2: AIを活用することで、大量のデータを迅速に分析し、ユーザーの嗜好や行動に合わせて最適なマーケティング戦略を自動で提案することが可能となります。これにより、より高度なパーソナライゼーションや効率的な広告運用が実現できます。


Q3: オムニチャネル戦略とは何ですか?


A3: オムニチャネル戦略とは、消費者が使用するさまざまなチャネルやデバイスを跨いで一貫した経験を提供するマーケティング戦略のことです。例えば、オンラインでの購入と実店舗での受け取りをシームレスに連携させることなどが含まれます。


Q4: サステナビリティを取り入れたマーケティングの具体的な例はありますか?


A4: はい、例えばUnileverやPatagoniaは、サステナビリティをコアとしたブランド戦略を展開しています。彼らは環境への取り組みや社会貢献活動を強調し、それを通じて消費者との信頼関係を築いています。


Q5: 今後のマーケティングのトレンドはどのようなものが考えられますか?


A5: ウェアラブルデバイスやIoTの普及、さらに高度なAIの活用、そしてサステナビリティを中心としたブランド戦略などが考えられます。しかし、どのような技術やトレンドが出てきても、最終的には人の心を動かすことが最も重要となります。


まとめ


今回の記事を通して、デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いや、それぞれの特徴・活用方法を詳しく解説しました。これからの時代において、技術の進化や新しいトレンドを取り入れながら、常に「人」の心を最優先にすることが、成功への鍵であることを改めて感じました。


僕の感想


デジタルマーケティングの専門家として、この分野の進化には日々驚かされます。しかし、技術やトレンドがどれだけ進化しても、最終的には人々とのつながりやコミュニケーションの重要性は変わりません。僕のポリシーである「マーケティングは愛である」という考えを持ち続けることで、真に価値のあるマーケティング活動を行っていきたいと思っています。読者の皆さんにとって、この記事がデジタルマーケティングの世界への一歩となるきっかけとなれば嬉しいです。


 


海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。


「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」


という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓



 

可児波起・可児有紀子・画像


【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う


Comments


bottom of page