top of page

UXデザインの重要性:ユーザー行動分析と改善の方法 - ユーザー体験(UX)の重要性を解説し、ユーザー行動分析と改善の方法を紹介します。


海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティングの画像です

こんにちは、デジタルマーケティングのスペシャリストである可児波起です。ウェブサイトやアプリが成功するかどうか、その鍵を握るのが「UXデザイン」です。UX、つまりユーザー体験は、訪問者がどれだけ快適にサイトを利用できるか、どれだけ魅力的に感じるかを決定づける要素で、この分野での知識と実践は、今やビジネスにとって不可欠です。経済産業省認定のIT専門家として、僕はこの重要性を日々感じながら、企業のデジタル戦略立案に携わってきました。特に、ユーザー行動分析から得られるデータを基に、具体的なUX改善策を提案し、実行することが、僕の仕事の中心です。


この記事では、UXデザインの重要性を縷々に説明しながら、実際のユーザー行動分析と改善方法について、難しい専門用語を使わず、フランクに、そして分かりやすくお伝えしていきます。具体的な数値を交えながら、国内外の事例を紹介し、リアルな改善効果を解説していきますので、この記事があなたのビジネスにとって実り多いものになることを願っています。それでは、UXデザインの世界へご一緒に踏み出しましょう。


 
海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<海辺の部屋:紹介>


この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。


ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!

https://www.umibe.art/ 【資格等】:NewsPicksビジネスエキスパート、中小企業デジタル化応援隊、介護職初任者研修、日本医療事務協会認定保険請求技能検定試験、JASRAC会員、診療報酬請求事務能力認定試験


 

第一部:UXデザインの重要性とは?


ユーザー体験(UX)とビジネス成果の直結


ユーザー体験、通称UXは、製品やサービスを利用する際のユーザーの感情、感覚、利便性など総合的な経験のことを言います。ただし、これをビジネスの成果とどう結びつけるのかが、今日のウェブサイトやアプリ開発では最重要課題です。実は、僕がかつて携わったプロジェクトで、ユーザビリティの改善によって、コンバージョン率が20%もアップした事例があります。この数字は、売上に直結するため、UXの改善は決しておざなりにはできないのです。


良質なUXデザインが生む価値


良質なUXデザインは、ユーザーにとって価値があり、彼らの期待を超えるものです。日本の企業で言えば、例えば「メルカリ」は使いやすさと直感的なデザインで多くのユーザーに支持されています。世界的に見ても、「Airbnb」は、そのシンプルでナビゲートしやすいインターフェースが成功の鍵を握っています。これらのサービスは、ユーザーが直面する問題を洞察し、UXデザインによって解決策を提供しているのです。


ユーザー行動分析のススメ


では、どうやって良質なUXを提供するのか。その答えは「ユーザー行動分析」にあります。具体的には、Google AnalyticsやHotjarといったツールを使用して、ユーザーがサイト内でどのように振る舞うかを把握することから始めます。たとえば、どのページがよく見られているのか、どこでユーザーが離脱しているのか、クリックされるボタンはどれなのか、というデータを収集し分析することが重要です。僕が実際にクライアントのウェブサイト分析を行った際、滞在時間の短いページを改善したところ、ユーザーのサイト内での平均滞在時間が50%以上も伸びた例もあります。


このように、ユーザー行動を詳細に分析することで、ユーザーが本当に求めているUXをデザインするための洞察を得ることができるのです。そして、それは直接的にビジネスの成果に反映されます。


フランクに言うと、UXデザインはただ「見た目が良い」だけではなく、「使い心地が良い」ことが求められます。そして、それを実現するためには、ユーザーの行動と心理を読み解き、データに基づいた改善が不可欠なのです。次の部では、これらのデータをどのように分析し、どのように改善につなげるのか、その具体的な方法についてお話しします。

 

第二部:ユーザー行動分析の具体的な方法


データ収集はここからスタート


ユーザー行動の分析を始めるにはまず、データ収集が必要です。ウェブサイトやアプリにGoogle Analyticsを導入することは、これには不可欠です。Google Analyticsはユーザーがどのような経路でサイトに来たか、どのページをどのくらいの時間見たかなど、非常に多くの情報を提供してくれます。僕はこのツールを使いこなすことで、多くのクライアントサイトのユーザービヘイビアを改善してきました。


ヒートマップを使った視覚的分析


次に役立つのはヒートマップツールです。これは文字通り、ユーザーのクリックやスクロール行動を色の濃淡で示してくれます。僕のお気に入りは「Hotjar」ですね。これを使えば、実際にどの部分が注目されているのか、ユーザーがどこに興味を持っているのかが一目で分かります。実際、あるECサイトでカートに進むボタンの周りのヒートマップが冷たい色を示していたため、デザインを変更したところ、クリック率が30%向上したことがあります。


ユーザーテストでリアルな声を拾う


デジタルデータも重要ですが、実際にユーザーに使ってもらい、その反応を直接聞くこともまた、貴重なデータ源となります。ユーザーテストでは、実際にターゲットとするユーザー層にプロトタイプや実際のサービスを使ってもらい、その様子を観察します。日本の企業で良くあるのは、オフィスにユーザーを招いてテストを行うことですが、オンラインツールを使えば、世界中どこからでもユーザーを集めてテストが可能です。僕が以前実施したオンラインユーザーテストでは、特定の機能が予想以上に使われないことが判明し、その結果を踏まえてUIを大幅にシンプル化したことがあります。


A/Bテストで最適解を探る


最後に、A/Bテストは行動分析のなかでも特に効果的な手法です。これは、異なるデザインやコンテンツを一定のユーザーに見せて、どちらがより良い結果をもたらすかをテストする方法です。例えば、ボタンの色を変えただけでクリック率が向上した、という事例はよくあります。僕もA/Bテストを行い、予想外の小さな変更が大きな成果をもたらすことを何度も経験しています。


これらの方法を組み合わせることで、ユーザーの行動を詳細に分析し、それに基づいた改善策を講じることができます。次の部では、得られたデータをどのように活用し、具体的な改善につなげるかについて詳しく見ていきましょう。

 

第三部:データを活用したUX改善のアプローチ


改善策の優先順位を決定する


データ収集と分析が完了したら、それをもとに実際の改善策を決定します。しかし、どのデータから手を付けるべきか、全てを一度に改善しようとしても資源は有限です。僕の経験上、改善策はユーザーにとっての価値と実装の難易度を考慮して優先順位をつけることが大切です。例えば、多くのユーザーが離脱するチェックアウトページは優先度が高く、少々面倒でも見直しの価値があります。


ユーザーの痛点を解消する


ユーザーが最もフラストレーションを感じているポイント、つまり痛点を解消することがUX改善においては重要です。アナリティクスデータでボトルネックとなっているページや機能を特定し、どのようにすればその痛点を取り除けるかを考えます。例えば、僕が担当したウェブサイトでは、フォーム入力の手間を減らすことで、ユーザーの痛点を軽減し、成約率を向上させました。


実装後は再テスト


改善策を実装したら、その効果を検証するために再びテストを行う必要があります。これはA/Bテストを再度行うことで実施できます。たとえば、新しいデザインAと元のデザインBを比較し、実際にどちらがより良い結果を出すのかを確認します。僕が関わったあるプロジェクトでは、この再テストで初期の想定とは異なる結果が出ることがあり、最終的なデザインを決定するのに大きな役割を果たしました。


定量的データと定性的データのバランス


ここで重要なのは、定量的なデータだけでなく、定性的なデータも忘れないことです。アンケートやインタビューを通じて、ユーザーの感想や意見を直接聞くことで、数字では見えてこない洞察を得ることができます。僕はこの双方のバランスをとることで、より深いユーザー理解につながると信じています。


継続的な改善サイクルを回す


UX改善は一度きりの作業ではありません。ユーザーの行動は常に変化し、ビジネスの環境も変わります。したがって、改善は継続的なプロセスとして捉え、定期的な分析とテストを行うことが大切です。僕自身、これを習慣とし、継続的な改善によって長期的なクライアントの成功を支援してきました。


次の部では、実際の企業例を挙げて、どのような改善が行われ、どのような結果につながったのかを見ていきます。これらの事例は、UX改善への理解を深めるのに役立つでしょう。

 

第四部:実践!企業のUX改善事例とその成果


日本の成功例:ユーザビリティの向上


日本の有名なECサイト「楽天市場」では、継続的なUX改善が行われています。特にモバイルアプリでは、使いやすさに注力し、シンプルで直感的なナビゲーションを採用しています。僕が興味深いと思ったのは、彼らが導入した「簡単ログイン機能」です。これはユーザーが面倒なログインプロセスを省略できるもので、導入後、アプリの利用頻度と購入率が明らかに向上したと公表されています。


世界の成功例:インタラクションの改善


一方で、世界的に見てみると「Airbnb」のUX改善は特筆すべきです。彼らはホストとゲストのインタラクションを改善するために多くの取り組みをしました。その一例が、写真の質を重視したリスティングの改善です。高品質な写真の導入により、リスティングの信頼性が増し、予約率が上がったとされています。僕はこの事例から、ビジュアル要素がUXに与える影響の大きさを改めて認識しました。


数値に表れる改善効果


これらの事例から、UXの改善が直接的にビジネスの成果に結びつくことが分かります。例えば、楽天市場ではログイン機能の改善により、購入完了率が数パーセントポイント向上し、Airbnbではリスティングの改善が平均20%の予約率増加をもたらしたと報告されています。僕の経験上、こうした小さな数値の変化が、大きな売上げの増加に直結することを強く実感しています。


実際の改善プロセスの透明性


成功事例を見るとき、具体的な改善プロセスの透明性も重要です。企業がどのようにデータを分析し、どのような課題に気づき、どのような解決策を見つけたのか。このプロセスの透明性があると、他の企業や業界でも同様のアプローチを取る際の参考になります。僕はクライアントに常にこの点を強調し、改善プロセスをできる限りオープンにするよう勧めています。

 

第五部:UX改善への取り組みを結実させるために


継続的な分析と改善の循環を確立する


ウェブサイトやアプリのUXを改善するためには、一度きりの努力ではなく、継続的な分析と改善の循環を確立することが不可欠です。これはデジタルの世界では特に重要で、常にユーザーの行動や市場の動向は変化しているからです。僕が実際に手がけたプロジェクトでは、月次でのレビューを行い、データに基づいた小さな改善を繰り返すことで、徐々にユーザーの満足度とコンバージョン率の向上を実現してきました。


ユーザー中心の文化を組織内に根付かせる


個々のプロジェクトだけでなく、組織全体でユーザー中心の文化を根付かせることが、持続可能なUX改善には必要です。これは経営層からフロントラインのスタッフまで、ユーザーの価値を最優先する思考を共有することを意味します。僕の経験では、この文化が確立されている組織は、市場での変化に迅速に対応し、イノベーションを起こしやすい傾向があります。


学習と進化を続けるUXデザイン


テクノロジーの進化と共に、UXデザインも進化を続けています。新しいデバイスやインタラクションの方法が出てくるたびに、ユーザーの期待も変わっていきます。したがって、僕たち専門家は最新のトレンドを学び続け、その知見を現場に活かす柔軟性が求められます。実際に、新しいUIのトレンドをいち早く取り入れたプロダクトは、ユーザーからの評価が高い傾向にあると感じています。

 

よくある質問と答え


1. Q1: UXデザインにおいて最も重視すべき要素は何ですか?

A1: 最も重視すべき要素は「ユーザーの目的達成」です。すべてのデザインはユーザーがそのサイトやアプリを通じて何を成し遂げたいのかにフォーカスし、それを効率的かつ快適に達成できるようにサポートすることが重要です。


2. Q2: 小規模事業者でもUXデザインは重要ですか?

A2: はい、非常に重要です。規模に関わらず、ユーザーにとって価値のある体験を提供することは、リピート率の向上や口コミ効果をもたらすなど、事業の成功に直結します。


3. Q3: ユーザビリティテストはどのくらいの頻度で実施すべきですか?

A3: ユーザビリティテストは、新しい機能がリリースされるたび、またはユーザーのフィードバックに基づいて定期的に行うことをお勧めします。少なくとも四半期に一度は実施することで、継続的な改善が可能になります。


4. Q4: UXデザインのトレンドを追いかけることの利点と欠点は何ですか?

A4: トレンドを追いかける利点は、最新の技術やデザインを取り入れることでユーザーに新鮮さを提供できる点です。欠点は、トレンドが必ずしもユーザーのニーズに合致するとは限らないため、時には古典的なデザインの方が適している場合もあります。


5. Q5: 予算が限られている場合、UX改善のために最優先で行うべきことは何ですか?

A5: 予算が限られている場合でも、ユーザーの直接的なフィードバックを集めることから始めることができます。簡単なアンケートやインタビューを通じて、ユーザーの痛点を把握し、最も影響が大きい問題から順に改善を行うべきです。

 

まとめと感想


今回の記事を通じて、UXデザインの重要性とその具体的な改善手法についてご紹介しました。ユーザー体験は単なる見た目の良さではなく、ユーザーが目的を達成するためのプロセスをいかにスムーズに、かつ快適にするかに焦点を当てたものです。


僕自身、デジタルマーケティングの現場で数多くのUXデザインのプロジェクトに関わってきた経験から言えるのは、成功するUXデザインは常にユーザーの声に耳を傾け、それを製品やサービスの改善に反映させているということです。データと共感、両方の視点を持って初めて、真に価値のあるユーザー体験を創出できるのです。


また、UXデザインは一度完了すればそれで終わりというわけではありません。技術の進化、ユーザーの行動の変化、競合他社の動向など、外部の要因によっても継続的に見直しと改善が求められます。そのプロセスの中で、小さな変更が大きな成果を生むこともしばしばあります。


最後に、日本の企業だけでなく、世界の様々な企業が実践しているUXデザインの成功事例を見てきましたが、それらは皆、ユーザー中心の姿勢を忘れずに取り組んでいる点で共通しています。数値に裏付けられた戦略と創造的なアイデアが融合するとき、素晴らしいユーザー体験が生まれるのです。


この記事が、UXデザインに関する理解を深める一助となり、あなたのビジネスにおいてユーザー体験の向上を目指すきっかけになれば、筆者としてこれ以上の喜びはありません。UXデザインの世界は奥深く、学びが尽きることはありません。それでは、ユーザー体験の新たな地平を目指して、共に歩みを進めていきましょう。


 
海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。


「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」


という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓

 

可児波起・可児有紀子・画像

【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う

bottom of page