top of page

CRMツール選びに迷ったら!日本で導入されているおすすめの7つのCRMツール

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティングの画像です

こんにちは、可児波起です。僕は日々の業務で、企業が直面する「顧客管理の複雑さ」という問題に向き合い、解決策を模索しています。このデジタル社会では、お客様一人ひとりとの関係を深めることが、ビジネスの成功への鍵を握っています。そのためにはCRMツールが不可欠ですが、「どれを選べばいいのか?」と迷っている方も多いはず。


そこで今回は、僕自身の経験とIT専門家としての視点を生かし、日本で導入されているおすすめのCRMツール7選を紹介します。このブログを読めば、あなたのビジネスに合ったCRMツール選びに迷うことはもうありません。

僕が得た知識と体験を惜しみなくシェアし、あなたのCRMツール選びの指南役となることを約束します。それでは、各CRMツールの特徴から導入効果まで、ひとつひとつ丁寧に解説していきましょう。

 
海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<海辺の部屋:紹介>


この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。


ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!

https://www.umibe.art/ 【資格等】:NewsPicksビジネスエキスパート、中小企業デジタル化応援隊、介護職初任者研修、日本医療事務協会認定保険請求技能検定試験、JASRAC会員、診療報酬請求事務能力認定試験


 

第一部:CRMツールの基礎知識とその重要性


CRMツールというと、何だか難しそうなイメージがあるかもしれませんが、これから説明するように、実はとっても身近な存在なんです。CRMとは「Customer Relationship Management」の略で、直訳すると「顧客関係管理」となります。言葉の通り、お客様との関係を築き、管理するためのツールのこと。僕たちが日常で感じる“人の温もり”を、デジタルの世界でどう実現するか、その一助を担っているんですね。


CRMツールがビジネスに必要な理由

CRMツールの目的は、顧客データの集約と活用にあります。顧客一人ひとりの購買履歴、問い合わせ内容、興味・関心などの情報を一元管理することで、よりパーソナライズされたサービスを提供することが可能になります。結果として、顧客満足度の向上やリピート率のアップに繋がるわけです。世界的な企業でも、SalesforceやHubSpotなどのCRMツールを駆使して、圧倒的な顧客体験を提供している例は星の数ほどあります。


CRMツールが企業の成長にどう影響するか

具体的な数字で見てみましょう。例えば、CRMソフトウェアの導入によって、平均で営業生産性が34%向上したという報告があります。さらに、顧客満足度が向上することで、紹介による新規顧客の獲得コストが下がる効果も見込めます。日本国内では、大手企業から中小企業に至るまで、例えばSansanや弥生のようなCRMツールが利用されており、顧客データを活かしたマーケティングや営業活動が実践されています。


CRMツールの導入効果は、数字だけでなく“お客様との距離がぐっと近くなる”という、測り知れない価値も生み出しているんです。僕自身が担当したプロジェクトでも、顧客からのフィードバックが即座に製品改善に繋がり、顧客満足度の向上に直結しました。CRMツールによって、ビジネスはもっとヒューマンで、もっとスマートに進化するのです。


この第一部では、CRMツールの基本的な役割とビジネスにおけるその重要性を説明しました。次の部分では、日本で導入されているおすすめのCRMツールについて、具体的な機能や利点を深堀りしていきます。それぞれのツールがどのように顧客管理の効率化やビジネスの成長に寄与するのか、リアルな事例と共に解き明かしていきましょう。


 

第二部:日本でおすすめのCRMツールとその特徴


さて、CRMツールの基礎知識が身についたところで、実際に日本市場で人気のあるCRMツールを見ていきましょう。ここでは、それぞれのツールがどんな特色を持っていて、どのような企業にマッチするのかを、僕の経験を交えながらご紹介します。


1. Salesforce(セールスフォース)


世界最大のシェアを誇るSalesforce。このツールはカスタマイズ性が非常に高く、大企業からスタートアップまで幅広い企業に対応できるのが最大の特徴です。また、豊富な連携アプリケーションがあるため、様々な業務に柔軟に組み込むことが可能です。


2. Zoho CRM(ゾーホーCRM)


Zoho CRMは、コストパフォーマンスに優れたCRMツールとして知られています。小規模なビジネスからでも導入しやすい価格設定でありながら、営業活動の効率化を図る豊富な機能を持っています。また、国内外問わず多くの企業が利用しており、その使い勝手の良さが評価されています。


3. HubSpot(ハブスポット)


HubSpotは、マーケティングオートメーション機能に優れており、見込み客の獲得から成約に至るまでのプロセスをシームレスに管理できることが魅力です。僕も何度か利用したことがありますが、特に中小企業においてそのコストパフォーマンスの高さは大きなメリットとなります。


4. Microsoft Dynamics 365


Microsoftが提供するDynamics 365は、Office製品との連携がスムーズで、特に日本の企業にとっては導入のハードルが低いツールです。営業、カスタマーサービス、フィールドサービス、プロジェクトサービスオートメーションなど、業務の幅広い範囲をカバーしています。


5. Sansan


Sansanは日本発のビジネスカードを中心としたCRMツールで、名刺情報からのリード管理が強力です。特に、対人営業が中心の日本市場において、そのネットワーキングの質を高めるためのツールとして、多くの企業で利用されています。


6. 弥生営業


小規模企業から中堅企業に最適なのが、弥生営業です。会計ソフトとして名高い弥生ですが、そのCRMツールも非常に使いやすく、コストパフォーマンスに優れています。顧客情報と販売管理を一体化できる点が大きなポイントです。


7. freee


クラウド会計ソフトとしてスタートしたfreeeですが、CRM機能も充実しています。特に中小企業の事業主にとって、経理と顧客管理を一元化できるのは時間の節約にもなり、非常に助かる機能だと言えます。


これらのCRMツールは、それぞれ独自の特徴と強みを持っており、企業のニーズに応じて選択することが大切です。僕の経験上、CRMツール選びで最も重要なのは「自社のビジネスプロセスにどれだけフィットするか」という点です。無理に高機能なツールを選ぶよりも、使いこなせるもの、そして実際に営業力を高めてくれるものが最適な選択となります。


次の部では、実際にこれらのCRMツールを導入する際のポイントや、具体的な導入プロセスについて、詳しくご紹介していきます。自社に合ったツール選びのコツから、導入後の運用方法まで、僕の経験をもとに解説していきたいと思います。


 

第三部:CRMツール導入のポイントと成功の秘訣


CRMツールを選んだら、次はどう導入するかがカギを握ります。正しい導入方法が成功への近道ですから、この部分をしっかり押さえておくことが大事ですよ。


CRMツールを選ぶ際のポイント


CRMツール選びで最も大切なのは「企業のビジョンとのマッチング」です。どんなに優れたツールであっても、自社のビジネスモデルや将来の展望と合致しなければ、その価値を十分に発揮することはできません。


1. 機能と予算のバランス

選定の際には、必要な機能をリストアップし、それに見合う予算を考慮することが大切です。特に中小企業では、コストパフォーマンスを重視する必要があります。


2. ユーザビリティ

導入後、社員がストレスなく使用できるかどうかも重要なポイントです。実際にトライアルを使ってみるなどして、直感的な操作性を確かめてください。


3. サポート体制

初めてCRMツールを導入する場合、運用開始後のサポート体制が整っているかどうかも見落とせない点です。質の高いサポートがあれば、初期の不明点や問題も迅速に解決できます。


CRMツール導入後の成功の秘訣


導入が決まったら、成功に向けてスタートダッシュを決めることが肝心です。これまでの僕の経験から言うと、次のようなポイントが成功の秘訣となります。


1. 社内の共通理解の形成

CRMツールはただ導入するだけでは生きてきません。社内での共通理解と、その活用に向けたコンセンサスが必要です。そのためには、社内トレーニングやワークショップを開催し、ツールの使い方だけでなく、導入する意義や目的を共有することが大切です。


2. カスタマイズと試行錯誤

ほとんどのCRMツールはカスタマイズ可能です。ですが、初めから完璧を目指さず、まずは基本機能から始めて徐々に自社に合わせてカスタマイズしていくことをおすすめします。実際に使いながら、必要な機能や改善点を見つけ、改善していくことが成果につながります。


3. 定期的なレビューと改善

CRMツールの導入後は、一定期間ごとにその使用状況をレビューし、問題点を改善していくことが重要です。使い勝手やデータの取り扱い、報告のフローなど、改善すべきポイントは必ず出てきます。定期的なレビューを行い、継続的な改善を心がけましょう。


CRMツールの導入は、決して一朝一夕に完了するものではありません。しかし、正しい方法で着実に進めていくことで、その真価を発揮し、営業力の向上に大きく貢献することでしょう。次の部では、CRMツールを使って成果を出すための具体的な運用方法について、僕の体験を踏まえながらお話していきますよ。


 

第四部:CRMツールの運用方法と成果を最大化するコツ


CRMツールの導入が完了したら、いよいよ運用のフェーズに入ります。ここでのポイントは、ただ機能を使うのではなく、如何にして成果に結びつけるかです。運用方法と成果を最大化するためのコツを、僕の経験をもとにお伝えします。


CRMツールの運用開始


CRMツールの運用を開始する際は、以下のステップが役立ちます。


1. データの統合と整理

まず、既存の顧客データをCRMツールに統合しましょう。データは最大の資産です。整理して一元管理することで、より精密な顧客分析やマーケティング活動が可能になります。


2. 営業プロセスのマッピング

次に、CRMツール内で現行の営業プロセスをマッピングします。プロセスを可視化することで、弱点の特定や改善点が明確になります。


3. KPIの設定

運用の目標を定めるため、KPI(重要業績評価指標)を設定します。これは営業成果だけでなく、顧客満足度やリード獲得数など多岐にわたります。


成果を最大化するコツ


CRMツールを使いこなし、成果を最大化するためには、次のようなコツがあります。


1. 顧客セグメンテーション

顧客を細かくセグメント化することで、ターゲットに合わせたカスタマイズされたコミュニケーションが可能になります。これにより、高い成約率と顧客満足度を達成できます。


2. 自動化の活用

CRMツールの自動化機能を活用することで、繰り返し行う作業を効率化し、営業チームがより価値の高い活動に集中できるようになります。


3. 定期的なデータ分析

収集したデータを定期的に分析し、戦略の修正や新たなビジネスチャンスの発見につなげます。この分析はCRMツールのダッシュボードを活用すると効率的です。


4. フィードバックループの確立

営業やカスタマーサポートなど、フロントラインのスタッフからのフィードバックを収集し、それをCRMツールの改善に活かします。実際の利用者の声は非常に貴重な情報源です。


5. 継続的なトレーニング

CRMツールは進化し続けています。そのため、社内での継続的なトレーニングを行い、最新の機能やベストプラクティスを常に更新することが大切です。


CRMツールの運用は、単にツールを「使う」ことではなく、企業の成長エンジンとして「活用」することが求められます。適切な運用と戦略的な活用で、CRMツールは企業の競争力を格段に高めてくれるでしょう。


 

第五部:CRMツールのトレンドと未来展望


CRMツールは日々進化しており、そのトレンドを理解することは、未来のビジネスシーンを予測する上で非常に重要です。ここでは、最新のCRMトレンドと、これからのCRMツールがどのような方向に進んでいくかについて、自分の見解を織り交ぜながらご紹介します。


CRMの最新トレンド


1. AIの統合

AI技術をCRMに統合することで、顧客データの分析や予測がさらに進化しています。顧客の行動をより深く理解し、パーソナライズされたマーケティング活動が可能になります。


2. ソーシャルCRMの台頭

ソーシャルメディアのデータを活用するソーシャルCRMが注目されています。顧客とのエンゲージメントを深め、リアルタイムでの対話を可能にしています。


3. モバイルCRMの強化

モバイルデバイスでのCRMアクセスが増えているため、モバイルファーストの設計が重要になってきています。これにより、営業スタッフは場所を選ばず顧客データにアクセスできるようになります。


CRMツールの未来展望


CRMツールの未来を考えるとき、以下のような展望が考えられます。


1. 完全なパーソナリゼーション

AIの進化により、CRMツールは一人ひとりの顧客に合わせた完全なパーソナリゼーションを実現するでしょう。これは顧客体験を極めて個別化し、より深い顧客ロイヤルティを築きます。


2. 予測分析の精度向上

データ分析技術の向上により、CRMツールは顧客の次の行動を予測し、それに基づいたアクションを自動で提案できるようになるでしょう。


3. インテグレーションの拡大

CRMツールは他のビジネスツールとのインテグレーションを拡大し、より包括的なビジネス管理プラットフォームになる可能性があります。


僕自身、デジタルマーケティングの専門家として、これらのトレンドを積極的に取り入れていくことが、企業が競争力を維持し、成長していくためには不可欠だと考えています。CRMツールの未来は、まさに私たちが働く環境や顧客との関わり方を根底から変える可能性を秘めています。


 

よくある質問と答え


Q1. CRMツールを導入する主なメリットは何ですか?

A1.CRMツールの導入によるメリットは多岐にわたりますが、最も大きいのは顧客データの一元管理による効率化、顧客満足度の向上、売上の増加などです。具体的には、顧客情報を網羅的に管理し、それに基づいたマーケティング戦略の策定や、セールスプロセスの最適化が行えます。


Q2. AIを統合したCRMツールの利点は具体的にどのようなものですか?

A2.AIを活用することで、顧客データからの洞察を深めることができます。たとえば、顧客の購買パターンを分析して将来の行動を予測したり、顧客サービスを自動化することでより迅速かつパーソナライズされた対応を提供できるようになります。


Q3. 社内でCRMツールの導入に抵抗がある場合、どう対応すれば良いですか?

A3.導入に対する抵抗は、変化への不安から来ることが多いです。まずはCRMツールが業務をどう助けるのかを具体的な例を挙げて説明し、研修やトレーニングを通じて従業員の理解を深めることが重要です。また、初期段階でのクイックウィン(早期の成功体験)を設定し、従業員にツールの価値を体感してもらうことも効果的です。


Q4. CRMツールのデータセキュリティは信頼できますか?

A4.多くのCRMツールはセキュリティに非常に力を入れています。しかし、信頼できるかどうかは、提供されているセキュリティ機能や、プロバイダが遵守している規制・基準に依存します。データ暗号化、アクセス管理、定期的なセキュリティ監査などの機能が提供されているかを確認しましょう。


Q5. CRMツールの導入後、効果を測定するにはどうすればいいですか?

A5.効果を測定するには、導入前と導入後の業績を比較することが基本です。具体的には、顧客満足度、セールスサイクルの期間、リードの獲得数、顧客リテンション率など、あらかじめ設定したKPI(重要業績評価指標)を用いて分析します。また、定期的なレビューを行い、目標に対する進捗をチェックし、必要に応じて戦略を調整することが大切です。


 

まとめと感想


CRMツールの選択と導入は、企業が直面する課題に対してカスタマイズされた解決策を提供し、顧客関係の管理を効率化するための重要なステップです。本記事では、僕が選んだ日本で導入されているおすすめのCRMツールを紹介し、それぞれのツールの特徴と強みについて掘り下げてきました。また、CRMツールの最新トレンドと未来展望、さらにはよくある質問への答えを通して、CRMツールの全貌とそのポテンシャルを解き明かしてきました。


個人的な感想として、デジタルマーケティングのスペシャリストとして見てきたCRMツールの進化は非常に印象的です。AIの統合やソーシャルCRMの台頭など、テクノロジーの発展がCRMツールをよりパワフルで、使いやすいものに変えてきたことには、常に驚かされます。これらのツールは、私たちが顧客との関係を築き、維持し、最終的には成長していくための不可欠な資産です。


導入後の効果測定に関しても触れましたが、正しく測定し、適切に調整を行うことで、CRMツールはその真価を発揮します。僕自身の経験からも、定期的な分析と改善が、CRMツールを最大限に活用する鍵だと確信しています。


最後に、CRMツールを選ぶ際には、ただ流行りのツールを選ぶのではなく、自社のビジネスモデルや顧客との接点、内部プロセスに合致したものを選択することが肝要です。その選択をする上で、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。CRMツールの選択と活用は一筋縄ではいかない旅ですが、この旅は確実にあなたの企業を成長させるためのものです。積極的に挑戦し、顧客との関係を深めていきましょう。


 
海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。


「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」


という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓

 

可児波起・可児有紀子・画像

【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う

Comentários


bottom of page