top of page

Meta社の新サービス「Threads(スレッズ)」危険性を解説!デメリットだらけでした

Treads(スレッズ)画像

Meta社(旧Facebook社)の収益の98%は『広告収入』です。


売上高は2022年で1,116億ドル(16兆円)


なぜ、こんなに凄い金額なのでしょうか?

 

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<海辺の部屋:紹介>


この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。


ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!

https://www.umibe.art/ 【資格等】:NewsPicksビジネスエキスパート、中小企業デジタル化応援隊、介護職初任者研修、日本医療事務協会認定保険請求技能検定試験、JASRAC会員、診療報酬請求事務能力認定試験

 


個人情報を自ら実名で書き込む「Facebook」は、携帯電話のGPS機能なども利用して、個人情報、趣味趣向などを大量に取得(抜き取り)し、広告主、広告代理店に提供しています。



今回のMeta社の新サービス「Threads(スレッズ)」。とっても危険なのです!!



新しいTwitterのような「Threads」は、見た目はTwitterですが、中身はFacebook。さて、どんなものなのか解説しますね。


僕ら「デジタルマーケティング」に関わる人間なら、皆知っている「個人情報」による『広告の最適化』


Facebook広告やInstagram広告

(同じ画面で操作します)

を出稿しようとするときに


「どんな人に広告を配信するか?」


の画面があるのですが、


性別、年齢、居住地、はもちろん、学歴、社歴、収入、趣味、交際関係まで100以上を選べます。(画像を見てみてください)


Treads(スレッズ)画像


これにより、広告をピンポイントで配信できるので、無駄な広告を出さないで良くなるのです。


例えば、

【女性に男性用のブリーフの広告】

などは出さないように出来ますし、


逆に、50代女性にのみ「シミ取りクリーム」の広告を出したり出来ます。



このように「ただほど怖いものはない『SNS』」は、


【大量の個人情報を抜き出すために存在し】


無料で皆さんが使えば使うほど、個人情報が集まっていくのです。



例えば


「今日は渋谷で味噌ラーメンを食べました」


と投稿すれば、Meta社はそれをあなたの個人情報としてAIに覚えさせます。


あなたの情報として


・渋谷に夜に行く人

・ラーメンでも味噌ラーメンが好きな人


と、分類されていくのです。


その個人情報の精度は「マイナンバー」どころではなく、恐ろしいほど、あなたのことを知っています。



新しいサービス『Threads』は、このMeta社のやり方を踏襲しているので、大量の個人情報を抜かれます。



Instagramを匿名でしていても、Facebookアカウントと同じ人物だと、すぐに判明されている原理と一緒です。


鍵アカでも、複数アカウントでも、全部Meta社にバレてます。



それは「携帯電話固有のID」があるからです。


下の画像は、iPhoneのApp Store で「Threads(スレッズ)」をダウンロードしようとした時に、下の方に出てくる画面です。


Treads(スレッズ)画像

「内容」をよく読むと


『次のデータは収集され、ユーザーの識別情報に関連付けられる場合があります』


と書かれています。


つまり、これ。


このアプリをiPhoneに入れた瞬間に、あなたのiPhoneに入ってる、ほぼ全ての情報にアクセスして、情報を抜きとりますよ!


と宣言していて、「入手」のボタンを押した瞬間に、それに「同意」したことになるんです!


えーーー?!?!


ですよね!



このように、Meta社は大量の個人情報を抜き取って、その個人情報を集め、ピンポイントで広告を出せるようにして、ビジネスをしているのです。


さらにさらに、Meta社は、「広告をピンポイントで出すために」個人情報を大量にあつめ、さらにそれを

【全世界の2,000万社に販売】

もしているんです!


こわーー!

以外、参照記事↓


Treads(スレッズ)画像


そのやり方が酷すぎるので、Meta社はEUから「1,800億円」もの罰金を命じられました。

(2023年5月)


Treads(スレッズ)画像


それ以外にも、過去、フランス、イギリス、アイルランドなど各国から、数億〜数百億円の罰金の命令が出ています。



逆に「Twitter」は、そこまで個人情報を集めてなく、「匿名性」が高いのです。


TwitterのApp Storeの画面です


Treads(スレッズ)画像

「次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります」


と書かれてます。

スレッズとは、意味が違いますね。


これは、貴方が、Twitter以外のアプリやWebサイトを見る時に、「どんなサイトを見てるんですか?」とたずねる意味です。


で、これは拒否出来るのです。


iPhoneでアプリをインストールするときに


「トラッキングを拒否しますか?」


という質問が出ますよね?

あれを「拒否」とすれば、上記の情報は、抜かれないのです。



しかし!

Treadsは、「拒否」できません。


そして、スレッズは「ユーザーを認識するため」と、あなたが「誰なのか」を知るために「情報」を抜き取る、と言っているのですよ。。。


情報としてやばいのが、


「財務情報(PayPayやクレジットカード、ネットバンキングの残高など財務の使用状況)」


「機密情報(超個人情報)」


まで抜き取ってしまうのです!


こちらはFacebookとInstagramの抜き取り情報↓↓


Treads(スレッズ)画像


Treads(スレッズ)画像

Meta社のサービスは、全部そう!

凄い抜き取られてます。



これを考えると、実はTwitterは、Meta社に比べると、とても誠実なのです。



しかーーし!

SNS広告を使っている企業、広告代理店からすると、Twitter広告は、


【男性に女性の下着の広告】


が出てしまうので、非常に使いづらいのです。


結果、Twitter広告は、人気がなく、Twitter社はずっと赤字続き。それは「大量の個人情報」を集めてないからが理由だったんです!



Twitterを買収した「イーロン・マスク」氏は、この「大量の個人情報取得による『広告ビジネス』」をやめて、Twitter Blueなど、有料化することで、収益をあげる方向に舵を切っています。



Treads(スレッズ)画像


僕は、Twitterを買収し、悪戦苦闘しながらも「人々にとって使いやすいTwitter」を目指している『イーロン・マスク』氏の正義には感銘を受けてます。


実は彼は、最近流行りののAI「ChatGPT」の創始者でもあります。


しかし、今のCEO「サム・アルトマン」と喧嘩して、辞めてしまいました。


理由は一つ。


ChatGPTは「非営利団体(お金儲けをしない)」として、AIが人類に役立つように作られました。


しかし、ChatGPTを作っている「OpenAI」という会社が、Microsoftと組んでお金儲けをしはじめたので、イーロン・マスクは大反対しました。


結果、大喧嘩になり、マスク氏は、やめることになったのです。。。

 

Treads(スレッズ)画像

Treads(スレッズ)画像

Treads(スレッズ)画像

 

世の中には「印象操作」というものがあり、イーロン・マスク氏は、しばしば【悪者】扱いされてしまいます。


しかし、それは全くの逆で、常に「利益」より「人々」の方を向いて、大きな勢力と戦っている「ヒーロー」というのが、僕の認識です!



つまり、まとめると、


Twitterのノリで、Threads(スレッズ)を始めると、匿名のつもりが、すぐに本人だとバレます。


携帯電話が持つ「固有のID」によって、勝手に、Facebook、Instagramと同人物と判断され、隠れても、隠れきれないのです。


そして、Meta社に、大量に、また個人情報を提供することに合意することになります。



さてはて。


ここからは、皆さんが「選ぶ番」ですね。。


Twitterのように「個人情報」を大量に集めなければ、「匿名性」が高くなり、匿名性が高ければ「誹謗中傷」などは増えたりします。

(でも、すぐにバレますが)


しかし、インターネットの本質である「個人を特定されない」という原則にのっとり、勝手に個人情報を抜かれなくて済みます。



FacebookやInstagramのように、大量の個人情報と引き換えに「便利・楽しい」をThreadsに求めるなら、それと引き換えに、大量の個人情報をMeta社に差し出すことになります。



あなたは、どちらを選びますか?


 

【著者名:海辺の部屋】

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。


「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」


という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓



 

可児波起・可児有紀子・画像


【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う

bottom of page