top of page
  • 執筆者の写真可児有紀子

テストマーケティング革命:SNS広告で顧客属性を知り、競争力を高める

更新日:5月1日



今日は、SNS広告でテストマーケティングをするときの大きなメリットについてお話しします。


テストマーケティングとは、新しい商品やサービスを開発する前に、一部のターゲット層に対して実際に販売してみることです。

これにより、市場の反応や需要を把握したり、改善点や問題点を見つけたりすることができます。

 

なぜSNS広告がテストマーケティングに適しているか?


なぜSNS広告がテストマーケティングに適しているのでしょうか?それは、SNS広告なら、顧客獲得だけではなく、顧客属性を知ることができるからです。


SNS広告の特徴は、ターゲット層を細かく設定できることです。

年齢や性別はもちろん、趣味や興味、居住地や職業など、さまざまな条件でユーザーを絞り込むことができます。


また、SNS広告のプラットフォームでは、広告の配信結果や効果測定のデータを詳細に見ることができます。


これらのデータを分析することで、どんな人があなたの商品やサービスに興味を持っているのか、どんな人が実際に購入しているのか、どんな人がリピートしているのかなど、顧客属性を知ることができます。



顧客属性を知るメリット


顧客属性を知ることは、テストマーケティングにおいて非常に重要です。

なぜなら、顧客属性を知ることで、次のようなメリットが得られるからです。


- 商品やサービスの改善点や問題点を発見できる

- ターゲット層やセグメントを見直すことができる

- マーケティング戦略や販売促進策を立てることができる

- 価格設定やコスト削減の方針を決めることができる


例えば、あなたがオンライン英会話サービスを提供しているとします。

SNS広告でテストマーケティングを行った結果、以下のようなデータが得られたとしましょう。


- 広告に反応した人のうち、30代女性が最も多かった

- 購入した人のうち、海外旅行好きや英語学習歴が長い人が多かった

- リピートした人のうち、レッスン時間帯は夜間が多く、レッスン内容はビジネス英会話が多かった


このようなデータから、あなたは次のようなことが分かります。


- 30代女性はオンライン英会話サービスに対するニーズが高い

- 海外旅行好きや英語学習歴が長い人はオンライン英会話サービスに対するニーズが高い

- ビジネス英会話に関心がある人はオンライン英会話サービスの利用者が多い


これらの顧客属性を知ることで、あなたは以下のようなアクションを取ることができます。


- 30代女性に向けた広告やキャンペーンを展開する

- 海外旅行好きや英語学習歴が長い人に特化した教材やコースを提供する

- ビジネス英会話のレッスン時間帯や内容を充実させる

- 価格設定やコスト削減の方針を決める


以上のように、SNS広告でテストマーケティングをすると、顧客獲得だけではなく、顧客属性を知ることができる大きなメリットがあります。


顧客属性を知ることで、商品やサービスの改善点や問題点を発見したり、ターゲット層やセグメントを見直したり、マーケティング戦略や販売促進策を立てたりすることができます。


これにより、市場の反応や需要に応えることができ、競争力の高い商品やサービスを提供することができます。


まとめ

SNS広告でテストマーケティングを行うことで、あなたの商品やサービスの市場性や競争力を高めることができます。ぜひ、SNS広告でテストマーケティングに挑戦してみてください。

 

著者名: 【可児有紀子:海辺の部屋CDO】 ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。 大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う。

海辺の部屋ホームページ https://www.umibe.art/


bottom of page