top of page

クッキーレス時代への航海:新たな広告配信技術の進化とその影響

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティングの画像です


こんにちは、デジタルマーケティングのスペシャリスト、可児波起(かに なみき)です。経済産業省認定のIT専門家として、日々の業務はテクノロジーの最前線で過ごしています。人間の温かさや優しさを大切にしながら、難しいテクノロジーをわかりやすく解説することを心掛けています。


今回は、「クッキーレス時代への航海:新たな広告配信技術の進化とその影響」についてお話しします。クッキー(Cookie)という言葉は、インターネットを使う上でよく聞く用語ですが、その存在がなくなる日が近づいています。これは、私たちがインターネット上でどのように振る舞うか、どのようにビジネスを行うかに大きな影響を与えます。


このブログでは、クッキーレス時代の到来が意味すること、新たな広告配信技術の進化、そしてそれが私たちのビジネスや日常にどのような影響を及ぼすのかについて、深く掘り下げていきます。専門家の目線から、具体的な情報、分析、そして世界中の事例を交えながら解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。


 
海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティングの画像です

<海辺の部屋:紹介>


この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。


ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!

https://www.umibe.art/ 【資格等】:NewsPicksビジネスエキスパート、中小企業デジタル化応援隊、介護職初任者研修、日本医療事務協会認定保険請求技能検定試験、JASRAC会員、診療報酬請求事務能力認定試験


 

第一部:クッキーレス時代とは何か?


クッキーレス時代への移行は、デジタルマーケティングの世界において大きな転換点です。しかし、「クッキーレス」という言葉を耳にしても、その意味がすぐに理解できる人は少ないかもしれません。そこで、まずはクッキーレス時代とは何か、そしてなぜそれが重要なのかについて、僕の経験を交えながら解説していきます。


クッキーとは?


クッキーは、ウェブサイトを訪れた際にユーザーのブラウザに保存される小さなデータのことを指します。このクッキーを利用することで、ウェブサイトはユーザーの好みや行動を記録し、パーソナライズされた体験を提供できるようになります。しかし、プライバシー保護の観点から、クッキーの利用に対する規制が強化されています。


クッキーレス時代の到来


クッキーレス時代とは、従来のサードパーティクッキーを使用しないで個人を追跡や識別する技術や手法が主流になる時代を指します。サードパーティクッキーの使用が制限されることで、広告配信の方法やデータ収集のアプローチに大きな変化が求められるようになりました。


なぜ重要なのか?


クッキーレス時代の到来は、個人のプライバシーをより保護するという明確なメリットがあります。しかし、同時にデジタルマーケティングの業界では、ユーザーの行動を追跡し、効果的な広告を配信するための新しい方法を見つける必要が出てきました。この変化は、私たちがどのようにインターネットを利用するか、またどのようにビジネスを行うかに深く関わっています。


僕の見解


デジタルマーケティングの専門家として、クッキーレス時代への移行は、私たちにとって挑戦でもありますが、大きなチャンスでもあります。プライバシーを尊重しつつ、ユーザーに価値を提供する新しい方法を模索することで、より健全で持続可能なデジタル環境が築けると僕は考えています。これからも技術の進化を追いながら、人の温もりや優しさを大切にしたコンテンツ作りをしていきたいと思います。


 

第二部:新たな広告配信技術の進化


クッキーレス時代への移行に伴い、私たちは新たな広告配信技術の進化を目の当たりにしています。クッキーに依存しない新しい技術やアプローチが次々と登場しており、これらはデジタルマーケティングの未来を形作る鍵となっています。このセクションでは、主な進化する技術とその特徴について解説します。


コンテキストターゲティング


コンテキストターゲティングは、ユーザーの行動や興味に基づくのではなく、コンテンツの内容に基づいて広告を表示する方法です。例えば、料理に関する記事を読んでいるユーザーに対して、食品やキッチングッズの広告を表示することができます。この方法は、ユーザーのプライバシーを侵害することなく、関連性の高い広告を提供することが可能です。


プライバシーサンドボックス


Googleが提唱する「プライバシーサンドボックス」は、サードパーティクッキーに代わる新しいフレームワークの一つです。この取り組みは、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、広告主が効果的な広告を配信できるように設計されています。集合学習や匿名化されたシグナルを利用して、ユーザーの興味やニーズに合わせた広告を提供することが目指されています。


ファーストパーティデータの活用


ファーストパーティデータ、つまり企業が直接顧客から収集したデータの活用も、クッキーレス時代における重要なトレンドです。企業は、顧客からの直接的な同意を得た上で、購買履歴やサイト内行動などのデータを活用して、パーソナライズされたマーケティング戦略を展開することができます。このアプローチは、顧客との信頼関係を深めると同時に、より精度の高いターゲティングを可能にします。


僕の経験から


デジタルマーケティングの分野で働く僕としては、これらの新技術やアプローチの進化を非常に興味深く見ています。特に、ファーストパーティデータの活用は、顧客との直接的な関係構築に非常に有効であると感じています。僕たちはこれまで以上に、顧客のニーズを理解し、それに応える方法を考えなければならない時代に入っています。新たな技術の進化は、そうした課題に対する解決策を提供してくれる可能性があります。


クッキーレス時代の広告配信技術の進化は、デジタルマーケティングの風景を大きく変えています。この変化を受け入れ、柔軟に対応することが、これからのマーケティング成功の鍵となるでしょう。


 

第三部:クッキーレス時代におけるデータ収集と分析の新しい方法


クッキーレス時代の幕開けは、デジタルマーケティングにおけるデータ収集と分析にも大きな影響を及ぼしています。従来のサードパーティクッキーに依存したデータ収集方法から脱却し、新しいアプローチを探求する必要が出てきました。このセクションでは、クッキーレス時代におけるデータ収集と分析の新しい方法について、具体的な事例を交えて解説します。


ユーザー同意に基づくデータ収集


クッキーレス時代の最も基本的な変化は、ユーザーの同意に基づくデータ収集への移行です。これは、ユーザーが自ら情報を提供することで、企業がデータを収集する方式です。例えば、ニュースレターへの登録やアンケートの回答などを通じて、ユーザーは自分の興味やニーズに関する情報を直接企業に提供することができます。このアプローチは、透明性と信頼性の確保に寄与します。


ゼロパーティデータの活用


ゼロパーティデータとは、ユーザーが企業に対して自発的に提供したデータのことを指します。これは、購入意欲や個人の好み、関心事などの情報が含まれ、ファーストパーティデータよりもさらに精密なターゲティングに役立ちます。企業はこのゼロパーティデータを活用することで、顧客一人ひとりに合わせたパーソナライズされたマーケティング戦略を展開できます。


AIと機械学習の活用


AIと機械学習は、クッキーレス時代におけるデータ分析の新しいフロンティアです。これらの技術を活用することで、膨大な量のデータから有用なインサイトを抽出し、より精度の高い予測モデルを構築することが可能になります。AIは、ユーザーの行動パターンや傾向を分析し、それに基づいたマーケティング戦略を自動で提案することもできます。


僕の体験から


デジタルマーケティングの専門家として、僕は新しいデータ収集と分析の方法に常に注目しています。最近では、AIと機械学習を活用した顧客分析プロジェクトに取り組む機会がありました。このプロジェクトでは、クライアント企業のゼロパーティデータを基に、顧客の未来の行動を予測するモデルを開発しました。その結果、顧客満足度の向上とマーケティングコストの削減に成功しました。この経験から、クッキーレス時代でも、データとテクノロジーをうまく活用すれば、マーケティングの効果を大きく高めることが可能だと確信しています。


クッキーレス時代におけるデータ収集と分析のアプローチは、私たちがデジタルマーケティングをどのように行うかに革命をもたらしています。新しい技術とアプローチを積極的に取り入れることで、より個人化されたマーケティングが可能になり、顧客との関係をさらに深めることができるでしょう。


 

第四部:クッキーレス時代の先駆者たち:事例に学ぶ新しい広告戦略


クッキーレス時代において、革新的な広告配信技術とデータ活用方法を先導している企業たちは、私たちに多くの学びとインスピレーションを提供しています。このセクションでは、クッキーレス時代における具体的な事例を通して、新しい広告戦略について探求します。


事例1:The New York Timesのファーストパーティデータ戦略


「The New York Times」は、サードパーティクッキーに頼らない広告配信の取り組みで注目されています。同社は、読者から直接収集したデータ(ファーストパーティデータ)を基に、パーソナライズされた広告とコンテンツを提供しています。読者の関心や消費行動を分析し、それに合わせた広告を配信することで、より高いエンゲージメントと広告収入の増加を実現しています。


事例2:Googleのプライバシーサンドボックス


Googleは、「プライバシーサンドボックス」イニシアチブを通じて、クッキーレス時代の広告配信モデルの開発に取り組んでいます。この取り組みは、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、広告主が効果的な広告を配信できるようにするためのものです。集合学習の原理を用いて、個々のユーザーを特定することなく、興味や嗜好に基づいたグループに対して広告を配信します。このアプローチは、プライバシー保護と広告効果のバランスを取る新しい方法として注目されています。


事例3:Spotifyのカスタマイズされたプレイリスト広告


音楽ストリーミングサービスのSpotifyは、ユーザーの聴取履歴や好みに基づいてパーソナライズされたプレイリストを提供することで知られています。Spotifyでは、このデータを活用して、ユーザーの関心に合わせた広告をカスタマイズし、効果的に配信しています。この手法は、ユーザー体験を向上させると同時に、広告の関連性と受容性を高める効果があります。


僕の所感


これらの事例は、クッキーレス時代における革新的な広告配信戦略の可能性を示しています。デジタルマーケティングの専門家として、僕はこれらの事例から多くを学び、日々の業務に活かしています。クッキーレス時代には多くの課題がありますが、それを乗り越えるためのクリエイティブなアプローチが存在することに、大きな希望を感じています。


これらの企業の取り組みから分かるのは、ユーザーのプライバシーを尊重しながらも、彼らの関心やニーズに応える広告を提供することが可能であるという点です。私たちは、これらの事例を参考にしながら、新しい広告配信の未来を創造していく必要があります。


 

よくある質問と答え


Q1: クッキーレス時代とは正確にはいつから始まるのですか?


A1: クッキーレス時代の開始時期は一概には言えませんが、多くのブラウザが2023年以降にサードパーティクッキーのサポートを終了する予定であることから、現在その移行期に入っていると考えられます。ただし、このプロセスは段階的に進むため、明確な「始まり」というものは存在しないかもしれません。


Q2: クッキーレス時代における広告配信はどのように影響を受けますか?


A2: クッキーレス時代には、従来のサードパーティクッキーを用いたユーザー追跡ができなくなります。これにより、広告配信はよりプライバシーを重視した方法へとシフトし、コンテキストターゲティングやファーストパーティデータの活用、AIによる予測モデルなど、新しい技術やアプローチに頼るようになります。


Q3: 企業はクッキーレス時代にどのように対応すべきですか?


A3: 企業はクッキーレス時代に向けて、自社で直接収集したファーストパーティデータやゼロパーティデータの活用を強化すべきです。また、プライバシーサンドボックスのような新しい広告技術の動向を注視し、顧客のプライバシーを尊重したマーケティング戦略を策定することが重要です。


Q4: ユーザーのプライバシーはクッキーレス時代により保護されますか?


A4: クッキーレス時代の主な目的の一つは、ユーザーのプライバシー保護を強化することにあります。サードパーティクッキーに依存しない新しい広告配信技術やデータ収集方法は、ユーザーの同意を基礎としており、プライバシーに対する透明性とコントロールを高めることを目指しています。


Q5: クッキーレス時代のマーケティングにおける最大の課題は何ですか?


A5: クッキーレス時代のマーケティングにおける最大の課題は、サードパーティクッキーに依存しない効果的なターゲティングとパーソナライゼーションの手法を見つけることです。これには、新しい技術への適応、ファーストパーティデータの収集と活用、顧客との直接的な関係構築など、多角的なアプローチが必要となります。


 

まとめと感想


クッキーレス時代への航海は、デジタルマーケティングにおいて新たな地平を切り開くチャンスを私たちに提供しています。この変化は、プライバシー保護の重要性が高まる中で、より個人化され、ユーザー中心のアプローチを模索する契機となります。新しい広告配信技術の進化、データ収集と分析の新しい方法、そしてクッキーレス時代の先駆者たちからの学びは、今後のマーケティング戦略における重要な指針となるでしょう。


クッキーレス時代には多くの課題が伴いますが、同時に顧客との信頼関係を深める大きなチャンスも秘めています。個人のプライバシーを尊重し、顧客のニーズに応えることは、持続可能なビジネス成長への鍵となります。新しい技術やアプローチを採用することで、より効果的な広告配信が可能となり、マーケティングの未来を形作っていくことができます。


僕自身、デジタルマーケティングの専門家として、この変化の波に乗り、常に学び続けることの重要性を感じています。クッキーレス時代を迎える今、私たちはより創造的で、顧客中心のマーケティング戦略を構築するための新しい方法を探求する必要があります。このブログを通じて、クッキーレス時代への準備と、それが私たちのビジネスや日常に与える影響について、少しでも理解を深めることができたら嬉しいです。


クッキーレス時代への移行は、確かに挑戦ですが、それを乗り越えた先には、より良いデジタルマーケティングの未来が待っています。人の温もりや優しさを大切にしながら、新たな技術の進化を追い、常にユーザーのニーズを最優先に考える姿勢を持ち続けることが、私たちの使命だと改めて感じています。


 

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。


「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」


という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓

 

可児波起・可児有紀子・画像

【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う


コメント


bottom of page