top of page

LINE広告の業種別「クリック単価=CPC」を公開!初心者でもわかる基礎知識と効果的な運用方法





LINE広告とは、日本で最も利用されているメッセージアプリ「LINE」上で配信される広告のことです。


LINEは月間アクティブユーザー数が9300万人以上と、日本人の約7割が利用している巨大なプラットフォームです。


そのため、LINE広告は多くのユーザーにリーチできるだけでなく、友だちや家族とのコミュニケーションの場であることから、信頼感や親近感を持って受け入れられやすいという特徴があります。



しかし、LINE広告を運用するには、他のWEB広告とは異なるポイントもあります。そこで今回は、初心者でもわかりやすいように、LINE広告の基礎知識と効果的な運用方法をお伝えします。



LINE広告のクリック率の平均


まず、LINE広告の効果を測るために重要な指標のひとつが「クリック率」です。

クリック率とは、広告が表示された回数に対して、どれだけクリックされたかを示す割合です。

クリック率が高いということは、ユーザーが興味を持ってくれているということですし、逆に低いということは、魅力的な広告ではないということです。


では、LINE広告のクリック率の平均はどれくらいなのでしょうか?答えは、


「0.3~1.5%」程度


だと言われています。これは他のSNS広告やディスプレイ広告と比べても大きな差はありません。

しかし、業種やターゲットによっても変わってきますし、クリック率だけで判断するのではなく、コンバージョン率やコンバージョン単価なども考慮する必要があります。



LINE広告のクリック単価


次に、LINE広告の費用対効果を測るために重要な指標が「クリック単価」です。

クリック単価とは、1回のクリックにかかった費用のことです。


クリック単価が高いということは、競合他社が多くて競争が激しいということですし、逆に低いということは、ニッチな市場である可能性があります。


では、LINE広告のクリック単価の平均はどれくらいなのでしょうか?答えは、


「50~200円」


程度だと言われています。これは他のSNS広告やディスプレイ広告と比べても大きな差はありません。

しかし、業種によっても変わってきます。以下に、業種別のクリック単価の平均を示します。


ファッション:100~150円


コスメ:80~120円


ゲーム:50~100円


教育:150~200円


旅行:100~150円


金融:150~200円


これらの数字はあくまで目安ですし、広告の内容やターゲティングによっても変動します。また、クリック単価だけで判断するのではなく、コンバージョン率やコンバージョン単価なども考慮する必要があります。



LINE広告の効果的な運用方法


LINE広告を効果的に運用するためには、以下のポイントを押さえると良いでしょう。


・広告の目的を明確にする


・ターゲットを絞り込む


・広告の種類やフォーマットを選ぶ


・広告文や画像を工夫する


・広告効果を測定し改善する



それぞれ詳しく見ていきましょう。



広告の目的を明確にする


LINE広告を始める前に、何を目的としているのかを明確にしましょう。例えば、以下のような目的が考えられます。


→ブランド認知度を高める

→商品やサービスの購入や申込みを促す

→LINE公式アカウントの友だち数を増やす

→LINEポイントやクーポンなどの特典を提供する


目的によって、広告の内容やターゲティング、効果測定の方法などが変わってきます。目的が明確でないと、広告費用が無駄になる可能性があります。



ターゲットを絞り込む


LINE広告では、ユーザーの属性や行動履歴などに基づいてターゲティングができます。例えば、以下のような条件が設定できます。


・性別

・年齢

・地域

・興味・関心

・購買履歴

・アプリ利用状況



ターゲットを絞り込むことで、広告効果を高めることができます。


しかし、あまり細かくしすぎると、リーチ数が減ってしまう可能性もあります。適切なバランスを見つけることが重要です。



広告の種類やフォーマットを選ぶ


LINE広告では、以下のような種類やフォーマットの広告があります。


・メッセージ配信型:LINEトーク画面で表示される広告。テキストや画像、動画などが使える。


・タイムライン配信型:LINEタイムライン画面で表示される広告。画像や動画などが使える。


・ニュース配信型:LINEニュース画面で表示される広告。画像や動画などが使える。


・バナー配信型:LINEの各サービス画面で表示される広告。画像や動画などが使える。


・ポップアップ配信型:LINEの各サービス画面でポップアップ表示される広告。テキストや画像、動画などが使える。



広告の種類やフォーマットは、目的やターゲットに合わせて選ぶことが大切です。


例えば、ブランド認知度を高めたい場合は、タイムライン配信型やニュース配信型が効果的ですし、購買や申込みを促したい場合は、メッセージ配信型やポップアップ配信型が効果的です。



広告文や画像を工夫する


LINE広告では、広告文や画像にも工夫が必要です。以下のようなポイントに注意しましょう。


・広告文は簡潔に伝える


・画像は鮮明で魅力的にする


・動画は音声なしでも伝わるようにする


・キャッチコピーはインパクトを持たせる


・ユーザーにアクションを促す


広告文や画像は、ユーザーの注意を引き、興味を持ってもらうための重要な要素です。他の広告と差別化できるように、オリジナリティやクオリティを高めましょう。



広告効果を測定し改善する


LINE広告では、以下のような指標で広告効果を測定できます。


・インプレッション数:広告が表示された回数


・クリック数:広告がクリックされた回数


・クリック率:クリック数÷インプレッション数


・コンバージョン数:広告から目的の行動(購入や申込みなど)をした回数


・コンバージョン率:コンバージョン数÷クリック数


・コンバージョン単価:コンバージョンにかかった費用÷コンバージョン数


これらの指標を定期的にチェックし、広告の効果を分析しましょう。また、A/Bテストなどを行って、広告文や画像などを改善していきましょう。



まとめ


LINE広告は、日本で最も利用されているメッセージアプリ「LINE」上で配信される広告です。多くのユーザーにリーチできるだけでなく、信頼感や親近感を持って受け入れられやすいという特徴があります。


しかし、他のWEB広告とは異なるポイントもあります。そこで今回は、初心者でもわかりやすいように、LINE広告の基礎知識と効果的な運用方法をお伝えしました。



LINE広告を効果的に運用するためには、以下のポイントを押さえると良いでしょう。


広告の目的を明確にする


広告の種類やフォーマットを目的やターゲットに合わせて選ぶ


広告文や画像を工夫してユーザーの注意を引く


広告効果を測定し改善する



LINE広告は、日本のマーケティングにおいて無視できない存在です。ぜひ、この記事を参考にして、LINE広告の運用に挑戦してみてください。


 


 

著者名: 【可児有紀子:海辺の部屋CDO】 ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。 大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う。


海辺の部屋ホームページ https://www.umibe.art/

Comentários


bottom of page