top of page

Web広告の「内製化」に立ちはだかる壁:小手先のテクニックだけでは通用しなくなった時



【内製化】【ナレッジ】【共有】【再現性】


Web広告のお仕事を頼まれる時に、よく出てくる課題です。


Web広告は、広告代理店に頼むと、だいたい20%の手数料が取られます。


なら、自社でやりたいよね。

内製化したいよね。


そのためには、まずは、専門家に教えてもらって、ナレッジ(知識・知恵)を共有して、覚えて、誰でも「再現」出来るのが良いよね。


ところが、表面的な知識やテクニックを覚えても、いざ内製化しようとすると


「あれ?この場合どうするの?」


イレギュラーにぶつかった時に、対処が難しいのです。


で、いつも言うのですが


「GoogleもFacebookもLINEも、全部、ただの『民間会社』なので、当然、『えこひいき』しますよ」


「なので、常に、どうしたら『えこひいき』してもらえるかの『本質』を考えましょう」


と。


Webの世界は、平等、公平と、つい勘違いしてしまうのですが、その発想を変えると、答えが、スルッと見えてきたりします。


Googleに嫌われたら、Webで何も出来ません。


SEOも、リスティング広告も、YouTubeも、、、

なので、Googleが何を考えてるかを知ることを、常に続けることこそ、大切なんです。


Webマーケティングにおける「本質」を知ること。


それはGoogle、SNS各社が「どうやって収益をあげているのか?」の構造を深く理解すること。


そして、彼らにとって「特別なお客さんになること」


これが全てだと思っています!


著者名:
【可児波起:海辺の部屋CEO】
ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。
「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている
ポートフォリオサイト:
https://www.behance.net/namikikani

Comentarios


bottom of page