top of page

コンバージョンしない状況を打破! リスティング広告の改善策とランディングページ最適化の秘訣


コンバージョンしない状況を打破! リスティング広告の改善策とランディングページ最適化の秘訣


「コンバージョン(CV)しない問題」を解決するための「リスティング広告」の修正方法と、「LPO(ランディングページ最適化)」について解説します。特に、日本の具体的な事例に焦点を当てて解説しますので、最後までお付き合いください。


コンバージョン(CV)しない問題の原因と対策


まずは「コンバージョンしない」という状況を理解しましょう。CVとは、ウェブサイトへの訪問者が期待する行動(購入、問い合わせ、ダウンロードなど)を起こすことを指します。このCVが達成されない原因は多岐にわたりますが、その中でも大きな要素となるのが「リスティング広告」の適切な設定です。


リスティング広告の改善策


リスティング広告は、ユーザーの検索クエリに基づいて表示される広告で、Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告が有名です。これらの広告はユーザーの興味やニーズに合わせて自動的に配信されますが、その配信設定やキーワード選定、広告文の質がCVに大きな影響を及ぼします。


1. キーワード選定:


広告の表示をトリガーするキーワードの選定は、広告配信の成功を左右します。ユーザーの検索意図を捉え、商品やサービスにマッチしたキーワードを選定しましょう。たとえば、エンタープライズ向けのクラウドストレージサービスを提供している場合、「クラウドストレージ」だけでなく、「業務用クラウドストレージ」「セキュアなストレージサービス」など、具体性とニーズを満たすキーワードを採用します。


2. 広告文の質:


広告の文言は、ユーザーがクリックを決定する重要な要素です。商品やサービスの特徴を明確にし、ユーザーが求める情報を簡潔に伝えることが必要です。


例えば、上記のクラウドストレージサービスの場合、「業界最高レベルのセキュリティ」「24時間365日のサポート体制」など、ユーザーの悩みを解決する要素を強調しましょう。


3. 広告ランクの向上:


Google AdWordsでは、広告ランク(広告の品質スコアと入札額に基づく)が高い広告ほど上位に表示されます。広告ランクを向上させるためには、広告のクリック率(CTR)やランディングページの品質、適切なキーワード選定などが必要となります。


これらの改善策は、マーケティングオートメーションツール「ハナクラ」を使って一元的に管理することができます。ハナクラは、リスティング広告のパフォーマンス分析からキーワード選定、広告文作成までをサポートし、広告効果の向上に寄与します。



なお、広告の改善だけでなく、「LPO(ランディングページ最適化)」も重要な要素です。


LPO(ランディングページ最適化)の秘訣


ランディングページとは、広告やメールなどから訪れたユーザーが最初に目にするページのことを指し、このページの設計や内容がCVに直接影響を与えます。では、効果的なランディングページを作るためにはどうすればいいのでしょうか。


1. 明確なコール・トゥ・アクション(CTA):


CTAは、ユーザーに何をすべきかを明確に指示する要素です。「無料トライアルに申し込む」「資料をダウンロードする」など、具体的な行動を促す表現を用いることで、CV率を向上させます。


2. ユーザーの課題解決にフォーカス:


訪問者がランディングページに訪れる理由は、何らかの課題を解決したいからです。その課題解決に向けて、どのような価値を提供できるのかを明確に伝えましょう。


3. 信頼性の向上:


訪問者が初めてサービスに接触するランディングページでは、信頼性の確保が重要です。第三者からの評価や、実際の利用者の声(テストモニアル)を掲載することで、信頼性を向上させます。


このような要素は、ランディングページビルダー「Instapage」で簡単に実装できます。このツールは、ドラッグ&ドロップの操作で独自のランディングページを作成し、A/Bテストを行うことが可能です。これにより、ユーザーが最も反応するデザインやコンテンツを見つけ出し、CV率を最大化することができます。


以上が、CVを向上させるためのリスティング広告の改善策とLPOのポイントです。


しかし、これらの施策は一度行ったら終わりではありません。常にユーザーの反応をモニタリングし、必要に応じて改善を繰り返すことが大切です。


最後に、平均的なCV率としては、業界や商品によりますが、2%〜5%が一般的と言われています。これを踏まえて、自社のCV率が適切なのか、どのような改善が必要なのかを見極めることが重要です。これらの知識とツールを活用して、自社のマーケティング効果を最大化しましょう。


 

著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ

Comments


bottom of page