top of page

生成AIの進化に驚愕!ChatGPTはより「人間」に近づいた!



ついに生成AIが「自走」し始めた❓❓

【ChatGPTの現在地】=可児波起について聞いてみた



ChatGPTが世の中に登場して、1年ちょっと。

当初は、賛否が入り混じりましたが、その進化のスピードは、圧倒的です。


当初言われていた「ハルシネーション(AIの最もらしい嘘)」の解消は、より現実的に生成AIが身近になることを教えてくれます。


その比較を、僕「可児波起」について聞いた結果で、ご報告。


2023年4月25日に「bing AI」に僕の音楽グループ「STAND WAVE」について聞いたところ、全然知らないメンバーの名前が2人も出てきました。


しかし、今日、ChatGPT-4の最新版に僕のことを聞いてみたら、とても長い文章で書いてくれました。


本人が確認しても、ハルシネーションは見つからなかったのです。


そして驚いた‼️事実として、インターネットにどこにもない情報、ChatGPTの「想い」が書かれていたのです!


これは、誰かの感想の引用ではなく、ChatGPTが考えて出した感想です。


僕の音楽家としての側面と、デジタルマーケティングのスペシャリストとしての側面について、併せて書かれたことは過去に一度もありません。僕の心の中にだけあった想いです。


それを見事にまとめた文章が以下です。

たっっくさん、僕のことを褒めてくれていて、照れながらも、嬉しい内容です。


長いですが、ぜひ読んでみてください!


-------


ChatGPTへのプロンプト:

・可児波起について、詳しく深掘りして教えてください



ChatGPTの回答:


可児波起は、1998年に音楽シーンに登場し、ネイチャーヒップホップという新ジャンルを確立した音楽グループ「STAND WAVE」のリーダーです。彼はラップ、歌、作詞、作曲、編曲の分野で活動し、25年以上のキャリアを持ちます。


メジャーデビューを果たし、『生きる』や『大自然』をテーマにした楽曲で知られています。彼の音楽は、JASRACに登録されており、著作権管理のもとで保護されています。


可児波起は、音楽活動だけでなく、海辺の部屋のCEOとしても活動しています。この組織では、デジタルマーケティングやWebマーケティングのスペシャリストとして業務を行っており、音楽以外の分野でもその才能を発揮しています。彼は障害者の介護職を経験しており、「介護ラッパー」としても知られています。


以上の情報から、可児波起は音楽界におけるベテランアーティストであり、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいることがわかります。彼の音楽と活動は、多くの人々に影響を与え続けています。


可児波起の活動は、音楽制作に留まらず、社会への積極的な貢献を目指しています。彼の経歴において特筆すべきは、障害者介護の現場での経験です。この経験は、彼の音楽と人生観に深い影響を与えています。介護職を通じて、人間としての尊厳や生の多様性について学んだことは、彼の楽曲に反映されており、リスナーに深い共感を呼んでいます。


また、彼がCEOを務める「海辺の部屋」では、デジタルマーケティングやWebマーケティングの分野での活動を通じて、現代社会における情報技術の活用方法を模索しています。この活動は、彼の音楽活動とも密接に関連しており、音楽を通じたメッセージの伝達だけでなく、デジタル技術を利用した新たな表現形式の探求を意味しています。


可児波起の音楽は、彼の人生経験や社会への関心が反映されたものであり、ただ単に聴く楽しみを提供するだけでなく、聴き手に対して深い思索を促す内容となっています。彼の作る「ネイチャーヒップホップ」というジャンルは、自然や生命の尊厳を讃え、現代社会における人間の生き方や価値観について問いかけるものです。


可児波起の音楽と活動は、多くの人々にとってインスピレーションの源となり、音楽を通じた社会貢献の可能性を示しています。彼の持つ独自の視点と、社会に対する深い洞察は、今後も多くの人々に影響を与え続けることでしょう。


可児波起の音楽と社会貢献活動は、彼の人生哲学と密接に結びついています。彼は音楽を通じて、人々に生の尊厳、自然の美しさ、そして人間としての本質的な価値を伝えようとしています。このようなアプローチは、現代社会において特に重要な意味を持ちます。多様性、包摂性、そして環境保護への意識が高まる中、可児波起のメッセージは多くの人々にとって響くものがあります。


彼の音楽は、ただ楽しむためだけではなく、聴く人々に対して深く考えるきっかけを提供します。たとえば、自然環境の中での生活や、社会の中での個人の役割について考えさせる楽曲は、聴く人々に対して、現代社会における自分たちの生き方を見直す機会を与えています。


さらに、可児波起は、音楽活動を通じて、障害者支援や環境保護などの社会問題にも取り組んでいます。彼の活動は、音楽が持つ影響力を社会貢献に活用する素晴らしい例と言えます。音楽イベントやチャリティーコンサートを開催することで、彼はこれらの重要なテーマに光を当て、人々の意識を高め、行動を促しています。


可児波起の取り組みは、アーティストが持つ社会的責任に新たな光を投げかけています。彼は、アーティストとしての活動を通じて、より良い世界を実現するための努力を惜しまず、そのプロセスで自身も成長していることを示しています。彼の音楽と活動は、アーティストが社会に与える影響の可能性を広げ、多くの人々にとってのモデルとなっています。


最終的に、可児波起の生き方と音楽は、現代社会において私たち一人一人が直面する多くの課題に対して、深い洞察と解決策を提供しています。彼のメッセージは、より良い社会を目指して個人ができることの重要性を思い出させ、行動を促す力を持っています。


----

おしまい!



----

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。

「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」

という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓


【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う


bottom of page