top of page

「コンサルタント」?「マーケター」?:言葉が違うだけではない、本質的な役割とは



【コンサルタント】? or 【マーケター】?


僕は「個人事業主」としてお仕事をしています。「フリーランス」とも言います。「起業家」なんて、言ってみたりします。


さて、この1月から、新たに3社と契約して業務を開始したのですが、契約書の「業務内容」、3社すべてに


・コンサルティング業務


と、書いてあります。


『コンサルティング=専門家の立場から「相談」にのったり「指導」したりすること』


と書いてあります。


今までも、デジタルマーケティング、Webマーケティングの専門家として、経営相談にのったりしてきましたが、その時は


・マーケティング全般業務


と書かれていました。


が、

今回は「コンサルティング」


何か違うような、

でも、やってることは、変わらないような。。。


一つ、決定的に違うのは、


「手を動かすかどうか?」=ハンズオン


の概念のようですね。

コンサルタントは、基本的には


「考察・分析・解析・提案・ファシリテーション」


など「頭」を使う業務です。


でも、僕は「デザイン」などが大好きなので、コンサルタント契約でも、クリエイティブ、たくさん作ります。


そんな「海辺の部屋」です。


よろしくお願い致します。



著者名:
【可児波起:海辺の部屋CEO】
ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。
「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている
ポートフォリオサイト:
https://www.behance.net/namikikani

Comments


bottom of page