top of page

【SNS広告の初めの一歩:リスティング広告との比較を交えた、メリット・デメリットとその活用策】


【SNS広告の初めの一歩:リスティング広告との比較を交えた、メリット・デメリットとその活用策】



はじめに、私がSNS広告とリスティング広告を使って来た経験からの思いです。


それは、どちらが「良い」または「悪い」と決めつけることはできない、ということです。


両者はそれぞれ異なる特性と利点を持っています。そしてその使い方一つで、マーケティング効果は大きく変わるのです。


1. SNS広告とは?


SNS広告は、FacebookやInstagram、Twitterなどのソーシャルネットワーキングサイトに表示される広告です。


SNS広告の最大の特徴は、そのターゲティング能力です。


ユーザーの年齢、性別、興味、居住地などの詳細なデモグラフィック情報を基に、特定のユーザーに直接広告を届けることができます。


平均的にSNS広告のクリック率(CTR)は約0.9%で、これは従来のディスプレイ広告の約0.35%よりも高い数値です。



SNS広告のメリットとしては、以下の3つが挙げられます。


1. **高度なターゲティング**:


上述の通り、SNS広告は詳細なデモグラフィック情報に基づく広告配信が可能です。


2. **広範なリーチ**:


FacebookやTwitterなどのSNSは利用者数が非常に多く、大勢のユーザーに広告を届けることが可能です。


3. **クリエイティブな広告表現**:


写真やビデオ、キャラセル広告など、さまざまな広告表現が可能です。これにより、ユーザーの関心を引き付け、広告へのクリックを促すことができます。




しかしながら、SNS広告にもデメリットは存在します。


1. **広告費の高騰**:


SNS広告は需要が高まるにつれて広告費が上昇し、特に競合が激しい業界では、広告予算が大きな負担となる場合があります。


2. **ユーザーの反発**:


SNSはユーザーがリラクゼーションやコミュニケーションのために利用する場であるため、広告に対する抵抗感や反発が生じやすいです。


3. **成果の測定難易度**:


SNS広告の効果は直接的なコンバージョンとして現れにくく、ブランド認知度向上や製品への興味喚起などの間接的な効果が主となるため、その成果を正確に測定することは困難です。



2. リスティング広告とは?


一方、リスティング広告はGoogleやYahoo!などの検索エンジンに表示される広告です。


リスティング広告の最大の特徴は、「検索意図」に基づく広告表示です。


つまり、ユーザーが何かを検索した時に、その検索キーワードに関連した広告を表示することができます。


リスティング広告のクリック率(CTR)は約2%で、これはSNS広告のCTRよりも高い数値です。


リスティング広告のメリットは以下の通りです。


1. **検索意図に基づく広告表示**:


ユーザーが具体的な商品やサービスを検索した時に、関連する広告を表示することができます。これにより、広告のクリック率やコンバージョン率を高めることが可能です。


2. **成果の測定容易性**:


リスティング広告は、検索から購入までのユーザー行動を追跡することが可能なため、広告の成果を測定しやすいです。


3. **予算管理の容易さ**:


広告の出稿予算や入札価格を自由に設定することができ、予算管理が容易です。



一方で、リスティング広告にもデメリットはあります。


1. **広告表現の限定性**:


広告の形式がテキストベースであり、ビジュアル要素が少ないため、広告表現に制約があります。


2. **競合による広告費の高騰**:


人気のキーワードでは、競合他社との入札競争により広告費が高騰することがあります。


3. **検索量に依存**:


ユーザーの検索量に直接依存するため、検索ボリュームが少ないキーワードでは広告のリーチが限られます。


これらを踏まえて、どちらの広告が適しているかは、あなたのビジネス目標やターゲット層、予算などによります。


広告を通じて直接的な販売を促進したいのであれば、リスティング広告が有効です。


一方、ブランド認知度を向上させたい、あるいは特定のデモグラフィックをターゲットにしたい場合は、SNS広告が適しています。


私の経験上、最も効果的な広告戦略は、これら二つの広告を組み合わせて使うことです。あなたのビジネスに最適な広告戦略を見つけることが、成功への第一歩となるでしょう。


 

著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ

Comments


bottom of page