top of page

アメリカの「銀行破綻」を自分ごととして考えてみる!日本で同じことが起きたと仮定したら、とんでもないことが起きていた


今回のアメリカにおける一連の銀行破綻を、

日本の銀行にあてはめて、

自分ごととして考えてみました。


<預金額>


・シリコンバレー銀行:28兆円

=りそな銀行


・シグネチャー銀行:11兆9170億円

=静岡銀行


・シルバーゲート銀行:約8600億円

=長野県信用組合


上記の3銀行が1週間以内に潰れたのです。



バブル崩壊時に実際に破綻した日本の銀行の預金額は


・北海道拓殖銀行:5兆9000億円

・日本長期信用銀行:2兆8000億円

・日本債券信用銀行:1兆4800億円



いかに、今回の破綻のインパクトが大きいかわかります。


当然、次もあると考えるのが普通で、

同じように「長期債券」で運用している銀行が炙り出され

「取り付け」騒ぎになる連鎖は、止められないでしょう。


経済を語る時に「マインド」という言葉が使われます。


「インフレマインド」

「デフレマインド」


マインド=心理や行動様式


ようは、人の気持ちです。

不安が不安を呼ぶ、人の気持ちを止めることは、

かなり困難で、次の破綻が大きなトリガーになってしまいそうです。


胸騒ぎがとまらない日々になりそうです。




 

著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ

Comments


bottom of page