top of page

Web広告、SNS広告を「広告代理店」に委託する際メリット・デメリット、相場の費用感、広告代理店選びのポイントなど専門家が徹底解説。



 

海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<海辺の部屋:紹介>


この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。


ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!

https://www.umibe.art/ 【資格等】:NewsPicksビジネスエキスパート、中小企業デジタル化応援隊、介護職初任者研修、日本医療事務協会認定保険請求技能検定試験、JASRAC会員、診療報酬請求事務能力認定試験

 

第1部: Web広告・SNS広告を広告代理店に委託するメリット

1. 専門家の知識と経験を活用できる

僕がデジタルマーケティングのスペシャリストとして活動してきた中で感じるのは、Web広告やSNS広告の世界は日々進化しています。特に、GoogleやFacebookなどの大手プレイヤーは常にアルゴリズムを更新しています。このような変化に素早く対応するには、経験と知識が不可欠です。

例えば、ある時期にLINE広告が日本国内で非常に人気を集めました。その理由として、ユーザーの反応が良く、リターゲティングの効果も高かったからです。しかし、この事実を知らない企業は多くのチャンスを逃していました。

2. 効果的な広告配信を実現

僕が以前、ある中小企業のプロジェクトをサポートした際、自社で広告を運用していたものの、広告費用が高騰していました。原因を調べると、適切なターゲティングがされていなかったことが分かりました。広告代理店に委託することで、適切なターゲット設定や最適化が行われ、広告のROI(投資対効果)が大幅に改善しました。

3. 最新のトレンドや技術を取り入れる

海外の事例を取り上げると、Spotifyは音楽ストリーミングサービスとして知られていますが、広告の面でも革新的な取り組みをしています。Spotifyの広告は、ユーザーのリスニングデータを基にパーソナライズされ、高いエンゲージメントを獲得しています。このような最新の取り組みを取り入れることで、ブランドの訴求力を高めることができます。

4. 時間とコストを節約

広告運用には多くの時間と労力がかかります。特に、小規模な企業やスタートアップでは、限られたリソースで多くの業務をこなす必要があります。広告代理店に委託することで、専門家が広告の運用や分析を行い、企業側はその他の業務に集中できるのです。

以上が、Web広告・SNS広告を広告代理店に委託する際のメリットとして挙げられる点です。もちろん、デメリットや費用感、広告代理店選びのポイントについても詳しく解説していきますが、それは次回の部分でお伝えします。

僕自身、IT専門家として認定を受けてきた経験から、広告の効果を最大限に引き出すためのヒントやアドバイスも織り交ぜていきたいと思います。どうぞお楽しみに。

第2部: 広告代理店に委託するデメリットとその対処法

1. コストがかかる

広告代理店に委託すると、管理料や設定料などのコストが発生します。例えば、大手の広告代理店であれば、初期費用として数十万円、月々の管理費として数万円がかかるケースも少なくありません。しかし、これにはその代わりとして専門家のノウハウやサポートが含まれています。

対処法: 費用とサービスの内容をしっかりと比較し、自社の予算や目的に合った代理店を選ぶことが大切です。

2. コミュニケーションのズレ

僕が過去に関わったプロジェクトで、企業と広告代理店の間にコミュニケーションのズレが生じることがありました。これは、企業の方針や広告の目的がしっかりと共有されていなかったためです。

対処法: 定期的なミーティングを設け、進捗や方針の確認を行うことで、双方の理解を深めることが必要です。

3. 自社のデータを第三者に委託するリスク

FacebookやGoogleなどの大手企業がデータ漏洩の問題に直面したことを思い出してみてください。データの安全性は、今や企業にとって非常に重要な課題となっています。 対処法: 広告代理店選びの際、データ管理の方針やセキュリティ対策をしっかりと確認することが大切です。

4. 独自の戦略やアイディアが難しい

僕が「人の温もりや優しさを大切に」という価値観を持っているように、企業にも独自のブランドやメッセージがあります。しかし、広告代理店に委託すると、独自性が失われる恐れもあります。

対処法: 企業独自のブランドやメッセージをしっかりと伝え、共有することで、独自性を保ちながらも効果的な広告を展開することができます。

広告代理店に委託することのデメリットと対処法をご紹介しました。次回は、広告代理店を選ぶ際の費用感や選び方のポイントについて詳しく解説します。専門家の視点からのアドバイスも織り交ぜてご紹介しますので、お楽しみに。

第3部: 広告代理店選びのポイントと相場の費用感

1. 実績や評判を確認する

広告代理店選びの最初のステップとして、実績や評判の確認は欠かせません。例えば、日本の大手企業である楽天やソフトバンクが過去に取り組んだキャンペーンを手掛けた代理店は、大規模なプロジェクトを成功させる実績があると言えます。

2. 予算に合わせて選ぶ

広告代理店には大手から中小、ベンチャーまで様々な規模のものが存在します。大手の代理店は安定したサービスを提供していますが、料金もそれなりに高めです。一方、ベンチャーの代理店は柔軟な対応が期待できる一方で、安定性に欠けることも。予算とサービスのバランスを考慮しながら選ぶことが大切です。

3. 連絡の取りやすさを確認

僕がデジタルマーケティングのスペシャリストとして経験してきた中で、連絡の取りやすさは非常に重要です。急な変更や問題が発生した際に、迅速に対応してもらえるかどうかがキーポイントとなります。

4. 相場の費用感

一般的に、Web広告やSNS広告の初期設定費用は5万円〜30万円、月々の管理費は広告予算の10%〜20%が相場となっています。しかし、これはあくまで一般的な相場であり、企業のニーズや要望、広告の規模によって変動します。

5. 複数の代理店との打ち合わせ

実際に複数の代理店と面談を行い、提案内容や対応の良さを比較することで、最も自社に合った代理店を選ぶことができます。

広告代理店選びは、企業のブランドや商品をより多くの人々に知ってもらうための大切なステップです。しっかりとした選び方をすることで、効果的な広告運用が期待できます。次回は、広告代理店との上手な関わり方や、成功する広告戦略のヒントについてお伝えします。

第4部: 広告代理店との上手な関わり方と成功する広告戦略のヒント

1. クリアな目的を共有する

広告活動の成功の鍵は、クリアな目的の共有です。僕が過去に関わった多くのプロジェクトで感じたことは、目的や目標が明確でないと、結果が出にくいということです。初回の打ち合わせから、具体的なKPIや目標値を設定し、それを基に活動を進めることが大切です。

2. 定期的な報告とフィードバック

広告運用は、一度設定して終わりではありません。継続的にデータを分析し、最適化を行う必要があります。そのため、定期的な報告とフィードバックのサイクルを確立することで、より良い結果を目指せます。

3. 世界の成功事例を参考にする

アメリカの大手企業、AppleやNetflixなどが行っている広告戦略は、多くの企業にとっての参考となっています。これらの成功事例を学び、日本の市場に合わせてアレンジすることで、新しいアイディアや戦略を生み出すことができます。

4. 「人の温もりや優しさを大切に」する広告

デジタル化が進む現代では、人々はより人間らしいコミュニケーションを求めています。僕自身が大切にしている「人の温もりや優しさ」を広告にも反映させることで、消費者との信頼関係を築くことができます。

5. 成果に基づく評価と改善

広告の成果は、クリック数やコンバージョン率などの数値で評価することが一般的です。これらの数値を基に、広告戦略の改善や最適化を行うことで、ROIの向上を目指すことが大切です。

こうして、広告代理店との関わり方や成功する広告戦略のヒントをご紹介しました。デジタルマーケティングの世界は日々進化していますが、核となるのは「人」との関わりです。技術や手法は変わっても、人々の心を動かすメッセージやストーリーは不変です。僕は、そのような広告制作に今後も取り組んでいきたいと思っています。皆さんも、成功する広告戦略を築くための一助として、今回の記事を活用してみてください。

よくある質問と答え

1. Q: 広告代理店の料金は一律なのでしょうか?

A: いいえ、広告代理店の料金は一律ではありません。初期設定費用、月々の管理費、広告予算の割合などによって異なります。また、代理店の規模や提供するサービスによっても料金は変わってきます。

2. Q: 広告代理店を選ぶ際、大手と中小、どちらがおすすめですか?

A: どちらが良いかは、企業のニーズや予算によります。大手は安定したサービスを提供しますが、料金が高いことが多いです。中小やベンチャーは、柔軟な対応が期待できる一方、安定性に欠けることもあるため、ニーズに合わせて検討することが大切です。

3. Q: 成果に基づく評価とは、具体的にどのような指標で評価するのですか?

A: 成果の評価には、クリック数、表示回数、クリック率、コンバージョン数、コンバージョン率などの指標があります。これらの数値を基に、広告の効果やROIを測定することができます。

4. Q: 世界の成功事例を参考にする利点は何ですか?

A: 世界の成功事例を参考にすることで、新しいアイディアや手法を取り入れることができます。特に、グローバルに成功している企業の戦略は、多くの市場での実績があるため、高い参考価値があります。

5. Q: 「人の温もりや優しさを大切に」というのは、どのように広告に反映させるのですか?

A: 「人の温もりや優しさ」を広告に反映させるには、ストーリーテリングを活用したり、実際のユーザーや顧客の声を取り入れたりする方法があります。また、商品やサービスの背景にある物語や、企業の理念・ビジョンを伝えることで、消費者との信頼関係を築くことができます。

まとめと感想

Web広告やSNS広告を広告代理店に委託することには多くのメリットがありますが、同時に注意点やデメリットも存在します。広告の効果を最大限に引き出すためには、正しい広告代理店の選び方や適切な関わり方が欠かせません。また、世界の成功事例を学ぶことで、新しいアイディアや戦略を獲得することも可能です。

僕がこの記事を書きながら感じたのは、デジタルマーケティングの世界がどれだけ複雑で多様であっても、最終的には「人」とのつながりが中心であるということです。技術や手法は日々進化していきますが、その背後には常に人々の欲求や感情が存在します。

この記事を通じて、広告戦略の成功のための一助として、少しでも皆さんの役に立てればと思います。デジタルマーケティングの世界は深く、奥が深いですが、その中で「人の温もりや優しさ」を大切にして、心を動かす広告制作に挑戦していきたいと改めて感じました。

 


海辺の部屋 | デジタルと波の音 | デジタルマーケティング

<「デジタルマーケティング」「IT・DXコンサルティング」については【海辺の部屋】へご相談ください>


<【海辺の部屋】紹介>


「海辺の部屋」は、神奈川県横須賀市の、相模湾まで「190歩」のオフィスで、四季の移り変わりを丁寧に感じながら、「 デジタルマーケティング 」「 Webマーケティング 」のスペシャリスト・プロフェッショナルとして業務を行なっています。

お取引させて頂いたクライアントは、40社を超え、ナショナルクライアントと呼ばれる大きな企業から、地方自治体、NPO法人まで、様々です。


「人に優しく」

「マーケティングは『愛』である」


という言葉を大切にし、丁寧にお仕事させて頂いています。


【海辺の部屋】へのご質問、ご相談、業務のご依頼などについてホームページからどうぞ↓↓



 

可児波起・可児有紀子・画像


【可児波起:海辺の部屋 CEO:】


ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。


「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


【可児有紀子:海辺の部屋 CDO(チーフデザインオフィサー):】


ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。

大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う

bottom of page