top of page
  • 執筆者の写真可児有紀子

Web広告、SNS広告を「広告代理店」に委託する際メリット・デメリット、相場の費用感、広告代理店選びのポイントなど専門家が徹底解説。



Web広告とは、インターネット上で見られる広告のことです。


Web広告には、検索エンジンやSNSなどのプラットフォームに掲載されるものや、自社のウェブサイトやブログに貼り付けるものなど、さまざまな種類があります。



Web広告を広告代理店に依頼


するときは、どんな広告を作りたいのか、どんな目的や効果を期待しているのか、どんな予算や期間で運用したいのかなど、自分の要望を明確にしておく必要があります。


しかし、Web広告は初心者にとっては難しい分野です。そこで、代理店に依頼する際に、初心者でもできる準備内容をご紹介します。



まず、自社の商品やサービスの特徴や強みを整理しましょう。


Web広告は、ターゲットとなるユーザーに自社の商品やサービスをアピールするためのものです。

そのため、自社の商品やサービスがどんなニーズに応えられるのか、どんな価値を提供できるのか、どんなメリットがあるのかなどを明確にしておく必要があります。


これらの情報は、代理店が広告のコンセプトやメッセージを考える際に参考になります。



次に、ターゲットとなるユーザーの属性や行動パターンを把握しましょう。


Web広告は、ターゲットとなるユーザーに合わせて最適化される必要があります。

そのため、ターゲットとなるユーザーがどんな年齢層や性別、趣味や興味などを持っているのか、どんなウェブサイトやSNSを利用しているのか、どんなキーワードで検索しているのかなどを把握しておく必要があります。


これらの情報は、代理店が広告の配信先や形式やキーワードを決める際に参考になります。



最後に、競合他社のWeb広告を調べましょう。


Web広告は、競合他社と差別化することが重要です。そのため、競合他社がどんなWeb広告を出しているのか、どんなコンセプトやメッセージを伝えているのか、どんな反応や評判を得ているのかなどを調べておく必要があります。


これらの情報は、代理店が広告の効果測定や改善策を提案する際に参考になります。


以上が、Web広告を代理店に依頼する際に、初心者でもできる準備内容です。これらの準備内容は、代理店と円滑にコミュニケーションを取り、効果的なWeb広告を作成するために役立ちます。





Web広告やSNS広告を広告代理店に委託する際のメリット・デメリット、費用相場、代理店選びのポイントについてお答えします。



まず、メリットとしては、以下のような点が挙げられます。


・広告の専門知識や経験が豊富な代理店に任せることで、効果的な広告戦略や運用を行ってもらえる。


・広告の作成や入稿、分析やレポート作成などの手間や時間を省くことができる。


・広告の種類や媒体に応じて最適な代理店を選ぶことで、ターゲット層にアプローチしやすくなる。



一方、デメリットとしては、以下のような点が考えられます。


・代理店に依頼することで費用がかかる。費用は広告運用費に加えて、手数料や初期費用などが発生する場合がある。


・代理店に依頼することで自社の意思決定やコントロールが難しくなる場合がある。代理店とのコミュニケーションや信頼関係が重要になる。


・代理店の実績や評判が不明確だったり、自社のニーズに合わなかったりする場合がある。代理店選びには慎重さが求められる。



次に、費用相場についてですが、これは広告の種類や媒体、代理店によって大きく異なります。


一般的な目安としては、


Web広告(リスティング広告):月間20~30万円程度。

=クリックされるごとに課金される方式で、1クリックあたり10~500円ほど


SNS広告:月間30万円前後。

=課金方式はSNSごとに異なりますが、クリック課金(CPC)やインプレッション課金(CPM)などがあります


これらの費用に加えて、代理店に依頼する場合は手数料や初期費用がかかります。



手数料は


広告運用費の10~20%

初期費用は3~10万円程度


が相場です。



ただし、代理店によっては手数料や初期費用が無料だったり、定額制だったりする場合もあります




代理店選びのポイントについてですが、以下のような点を参考にしてみてください。


・運用実績が充実しているか。自社の業種や目的に近い事例を持っているか。


・施策の提案力や分析力が高いか。自社の課題や目標を把握し、効果的な広告戦略を立ててくれるか。


・コミュニケーションやレポートの頻度や方法はどうか。自社との連携や進捗報告をスムーズに行ってくれるか。


・費用対効果が高いか。広告運用費や手数料などの費用に見合った成果を出してくれるか。


・サービスの内容や契約期間はどうか。自社のニーズに合わせて柔軟に対応してくれるか。



以上のように、Web広告やSNS広告を広告代理店に委託する際には、メリット・デメリット、費用相場、代理店選びのポイントを把握しておくことが大切です。






もし、これらのことについてもっと詳しく知りたいと思ったら、ぜひ私たち【海辺の部屋】にお問い合わせください。

私たちは、


・Web広告やSNS広告の運用実績が豊富で、様々な業種や目的に対応できます。


・施策の提案力や分析力が高く、お客様の課題や目標をしっかりと把握し、効果的な広告戦略を立てて実行します。


・コミュニケーションやレポートは定期的に行い、透明性や信頼性を重視します。


・サービスの内容や契約期間は柔軟に対応し、お客様のニーズに合わせて最適なプランをご提供します。



 

著者名: 【可児有紀子:海辺の部屋CDO】

ファッションデザインスクールを経てアパレル業界へ。パターンなどの基礎を学びながら、独学でWebサイト制作、ECサイト制作などを行う。医療領域で「医療事務」として10年従事。介護職員初任者研修取得、アロマセラピースペシャリストとして、高齢者、障がい者の介護職に従事。デザイン領域ではAdobe系(Photoshop、Illustrator、XD)を駆使し、マーケティングをベースに「UI/UXデザイン」に特化したWebデザイン、グラフィックデザインを生み出す。 大の「猫好き」で、保護猫3匹と暮らし、保護猫ボランティアの支援も行う。

海辺の部屋ホームページ https://www.umibe.art/

bottom of page