top of page

リスティング広告を制するものはCVを制す:GoogleとYahoo、どっち?基礎からしっかり学ぶ その1


リスティング広告とは?


Googleリスティング広告とYahooリスティング広告の2つのプラットフォームがあります。


よくある質問で「GoogleとYahoo」どちらが良いですか?というものがありますが、正解は「扱う商材によるが、基本的には、Google一択です」です。


なぜなら、日本における「インターネット検索」のシェアは


Googleが77%

Yahooが14%


と5.5倍も差があるからです。


Yahooリスティング広告を使うことは、わざわざユーザーが少ない場所に広告を出すことになります。そのため、「第一選択」にする理由は見つかりません。



「年代が高い人はYahooを使ってる」


とも言われますが、現在ではインターネットのアクセスはスマートフォンからが80%であり、iPhoneのSafariやGoogle Chromeのデフォルトの検索エンジンは「Google」です。


また、


70代の方でもスマートフォン利用率は50%を超えています。


そのため、どの年代、性別、属性に広告を表示させたいという意図があっても、「Googleリスティング広告」から始めることをお勧めします。



人の思い込みやバイアスは判断を間違えさせます。


日本では「Yahoo ジャパン」のトップページをブラウザの最初のページにしていた時期があり、その印象が強いかもしれません。


しかし、現実のシェアを見て判断することが大切です。



詳細に解説します



SEO対策とは、

「検索エンジン最適化」

という意味であり、自社サイトやブログなどで公開している情報を検索エンジン上位表示させるための施策です。


SEO対策を行うことで、自社サイトへのアクセス数を増やし、集客効果を高めることができます。



リスティング広告(検索連動型広告)とは、検索エンジン上部や右側に表示される広告のことです。


ユーザーが特定のキーワードで検索した際に表示されるため、ターゲット層へ効果的なアプローチが可能です。



Googleリスティング広告は、

「Google AdWords」

というサービスで提供されています。


「Google AdWords」では、自社サイトへ誘導するためのキーワード設定や広告文作成などが行えます。


また、「Google AdWords」では、クリック単価や予算設定なども自由に設定することができます。



Yahooリスティング広告は、

「Yahoo!プロモーションズ」

というサービスで提供されています。


「Yahoo!プロモーションズ」では、自社サイトへ誘導するためのキーワード設定や広告文作成などが行えます。


また、「Yahoo!プロモーションズ」では、クリック単価や予算設定なども自由に設定することができます。



Googleリスティング広告とYahooリスティング広告の違い


は、主に以下の点です。



シェアの差:日本における「インターネット検索」のシェアはGoogleが77%、Yahooが14%と5.5倍も差があります。



ターゲット層の違い:Googleは若年層を中心に利用されており、Yahooは年配層を中心に利用されています。そのため、ターゲット層によってどちらを使うか決めることができます。



広告掲載場所の違い:Googleは検索結果上部や右側に広告を表示しますが、Yahooは検索結果上部や右側だけでなく、記事内にも広告を表示することがあります。



広告掲載料金の違い:Googleはクリック単価が高く、Yahooはクリック単価が安い傾向にあります。そのため、予算に応じてどちらを使うか決めることができます。



リスティング広告の効果的な作成方法ですが、以下の点に注意することが大切です。



タイトルと説明文を工夫する:タイトルと説明文は、ユーザーにアピールするために非常に重要です。商品名や特徴を簡潔にまとめることで、ユーザーの興味を引くことができます。



キーワードを選定する:キーワードは、ユーザーが検索する際に入力する言葉です。商品名や特徴だけでなく、競合他社の商品名や特徴も含めて選定することで、より多くのユーザーにアプローチすることができます。



地域設定を行う:地域設定を行うことで、特定の地域に限定して広告を表示させることができます。地域限定のキャンペーンを行う場合は、地域設定を行うことをお勧めします。



予算管理を行う:予算管理を行うことで、無駄な出費を抑えることができます。クリック単価や予算設定なども自由に設定することができるため、予算管理をしっかり行うことが大切です。



まとめ


リスティング広告の効果的な作成方法は、タイトルと説明文を工夫すること、キーワードを選定すること、地域設定を行うこと、予算管理を行うことが大切です。



タイトルと説明文は、ユーザーにアピールするために非常に重要です。

商品名や特徴を簡潔にまとめることで、ユーザーの興味を引くことができます。



キーワードは、ユーザーが検索する際に入力する言葉です。

商品名や特徴だけでなく、競合他社の商品名や特徴も含めて選定することで、より多くのユーザーにアプローチすることができます。



地域設定を行うことで、特定の地域に限定して広告を表示させることができます。

地域限定のキャンペーンを行う場合は、地域設定を行うことをお勧めします。



予算管理を行うことで、無駄な出費を抑えることができます。

クリック単価や予算設定なども自由に設定することができるため、予算管理をしっかり行うことが大切です。



以上のような点から、リスティング広告の効果的な作成方法やGoogleリスティング広告とYahooリスティング広告の違いについてご紹介しました。


 

この記事を書いている、私たち【海辺の部屋】は、「デジタルマーケティング」の専門家として、正しい知識と倫理観をもとに、


「マーケティングは愛である」

「正直ものが報われる世界」


を目指してお仕事をしています。

ぜひ一度、【海辺の部屋】のホームページを覗いてみてください!



 



著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ


Kommentarer


bottom of page