top of page

なぜ中国が「レアアース生産量」世界一なのか?重大な環境汚染と人的被害の上に成り立つ真実

【中国政府が、電気自動車(EV)や風力発電用のモーターなどに必要な高性能レアアース磁石の製造技術について、「国家安全」を理由に輸出を禁止する方向で検討していることになりました】


そもそも「なぜ中国がネオジウム生産量『世界一』なのか?」ということですが、


今回のネオジウムを含む「レアアース(REE=希土類)」は、採掘時に大量の「環境汚染」を起こします。



採掘時に「化学物質」が大量に発生し、さらにウランやトリウムなどの「放射性物質」も発生します。


これらの「負荷」を、中国の鉱山がある農村部に負担させ、その犠牲の上に採掘がなりたっています。



その土地では、農作物が育たなくなり、家畜に奇形が発生し、子どもたちの白血病の発症率が40倍になったりしています。



日本企業は、マレーシアなどに子会社を作り製錬工場を運営していましたが、工場で「放射性廃棄物」の汚染が起こり、近隣住民や従業員に健康被害が出て、工場が閉鎖されています。



2023年にスウェーデンで、ヨーロッパ最大のレアアース鉱床が発見されましたが、上記の環境汚染を防ぐための採掘方法を確立するためには10〜15年以上かかると言われています。



原子力発電の「核のゴミ」や、環境汚染を前提とした「レアアース」など、まだ解決方法が見つかっていないなか、見切り発車したツケが、こうして、安全保障、地政学的リスクに繋がっています。



コロナ禍での「半導体不足」の要因は、半導体に必要なレアアースの供給を中国が抑えたためであり、今回は供給をストップすることであり、これからの世界の発展を「レアアース頼み」にすると、このような事態は頻発すると思われます。



さて、知恵を出して解決策を本気で考えたいですね!



著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ

Comments


bottom of page