top of page

Bingで書くとアクセスが爆発する!Googleとは違うアルゴリズム理解してSEO対策の秘訣を大公開


Bingで書いた記事はSEO対策に有効かというと、答えはYESです。


BingはGoogleやYahoo!とは異なる検索アルゴリズムを持っており、その特徴を理解して記事を書くことで、検索結果の上位に表示されやすくなります。


また、Bingの利用者はITに詳しくない方や年齢層が高い方が多いため、ユーザー属性に合わせた記事を書くことで、ターゲット層にアピールすることができます。


では、具体的にBingのSEO対策に効果的な記事を書くにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、4000文字の記事を例にして、Bingで上位表示される記事の作り方を徹底解説します。


専門家の目線で初心者にもわかりやすい文体で書いていますので、ぜひ参考にしてください。


## Bingとは?


まずは、Bingとは何かを簡単に説明します。


Bingとは、マイクロソフト社が提供する検索サービスです。GoogleやYahoo!などの検索エンジンと同様に、キーワード入力によって関連性の高いWebページを探すことができます。


Bingの基本コンセプトは、


「検索してから行動に移すまでを迅速で容易にする」


というものです。そのため、旅行やショッピングなどのキーワードを検索した場合、ランキングや予約サイトなどが優先的に表示されます。


Bingは日本国内ではまだシェアが低いものの、海外ではGoogleに次ぐ第2位の検索エンジンです。また、Windows 10ではBingが標準設定されており、今後利用者が増える可能性が高いです。そのため、Bingは今後SEO対策に取り組むべき検索エンジンです。


## Bingで上位表示される記事のポイント


次に、Bingで上位表示される記事のポイントを紹介します。BingではGoogleと異なる要素がランキングに影響しますので、以下の点に注意して記事を書きましょう。


### タイトルのつけ方に工夫する


Bingはキーワードとタイトルの一致率を重視しています。そのため、狙うキーワードの意図とタイトルの関連性については、できるだけ高くすることが望ましいです。


例えば、

「Bingで書くとアクセスが爆発する!SEO対策の秘訣を大公開」

というタイトルは、Bingで検索されやすいキーワードを含んでおり、ユーザーの興味を引くものです。一方、

「SEO対策について」

というタイトルは、あまりにも曖昧で、Bingでは上位表示されにくいでしょう。


また、タイトルには数字や記号を使うことで、目立たせる効果があります。


例えば、「BingのSEO対策はGoogleとどう違う?専門家が教えるコツとは」というタイトルは、疑問形や専門家の権威性を示すことで、ユーザーの信頼感や好奇心を高めます。


一方、「BingとGoogleのSEO対策の違い」というタイトルは、単調でインパクトに欠けるでしょう。


### 本文の構成に気をつける


Bingは本文の構成や品質にも注目しています。そのため、以下の点に気をつけて記事を書きましょう。


- 本文は4000文字以上にする。


Bingは長い記事を好みます。4000文字以上の記事は、短い記事よりも詳細な情報や分析が含まれていると判断されます。また、長い記事はユーザーが長く滞在する可能性が高くなります。



- 本文は見出しや箇条書きなどで分割する。


Bingは見出しや箇条書きなどの構造化された文章を好みます。見出しや箇条書きなどを使うことで、記事の内容がわかりやすくなります。また、見出しや箇条書きなどにもキーワードを含めることで、Bingに記事の主題を伝えることができます。



- 本文はオリジナルでユニークにする。


Bingはオリジナルでユニークな文章を好みます。コピーやスピンなどの複製された文章は、Bingにペナルティを受ける可能性があります。また、オリジナルでユニークな文章は、ユーザーに新鮮さや価値を感じさせることができます。


### 画像や動画などのメディアを活用する


Bingは画像や動画などのメディアもランキングに影響します。そのため、以下の点に気をつけてメディアを活用しましょう。


- 画像や動画などのメディアは関連性の高いものを選ぶ。


Bingはメディアと本文の関連性を重視しています。関連性の高いメディアは、記事の内容を補完したり強調したりする効果があります。また、関連性の高いメディアは、ユーザーの興味や感情に訴えることができます。


- 画像や動画などのメディアは適切なサイズや形式にする。


Bingはメディアのサイズや形式にも注目しています。適切なサイズや形式のメディアは、記事の読み込み速度や表示品質に影響します。また、適切なサイズや形式のメディアは、ユーザーの利便性や満足度を高めます。


- 画像や動画などのメディアにはalt属性やキャプションを付ける。


Bingはメディアのalt属性やキャプションにも注目しています。alt属性やキャプションには、メディアの内容や意図を説明する文章を入れます。alt属性やキャプションには、キーワードを含めることで、Bingに記事の主題を伝えることができます。


以上が、Bingで上位表示される記事のポイントです。


BingはGoogleとは異なる検索アルゴリズムを持っており、


その特徴を理解して記事を書くことで、SEO対策に有効です。


また、Bingの利用者はITに詳しくない方や年齢層が高い方が多いため、ユーザー属性に合わせた記事を書くことで、ターゲット層にアピールすることができます。


この記事では、4000文字の記事を例にして、Bingで上位表示される記事の作り方を徹底解説しました。専門家の目線で初心者にもわかりやすい文体で書いていますので、ぜひ参考にしてください。



 

著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ

Comments


bottom of page