top of page

【Googleの生成AI『bard』ついに日本語に対応!その実力は、、、んーーいまいち】


今日から、Googleの生成AI「bard」が日本語に対応しました。


この発表により、Googleの株価は4%ほど上昇したとか。


さて、今まで「インターネットのボス」だったGoogleが作ったAI。実力が気になります。


ということで、徹底比較!

【ChatGPT-4 vs bard】第一回戦

を行いました。


対戦方法は簡単。

凄く簡単なプロンプトで記事を書いてもらいました。


結果は↓↓ 皆さんの感覚で勝敗をつけてみてください!


【お題】

"Webマーケティングについて500文字の記事を書いてください"



<ChatGPT-4 執筆>


Webマーケティングの重要性: オンラインでのビジネス成長を加速する5つの要素


Webマーケティングは、インターネット上での製品やサービスの販売促進を目的としたマーケティング手法であり、デジタル時代のビジネス戦略に欠かせない要素となっています。ここでは、Webマーケティングが効果的に機能するための5つの要素を紹介します。


1. SEO(検索エンジン最適化)

検索エンジン最適化は、ウェブサイトが検索エンジンの上位に表示されるように、コンテンツや構造を最適化する技術です。キーワードの選定やメタデータの設定、内部リンクの構築などが重要で、検索結果の上位に表示されることで訪問者数やブランドの認知度が向上します。


2. SNSマーケティング

SNSマーケティングは、ソーシャルメディア上での情報発信や広告活動を通じて、製品やサービスの認知度を高める手法です。インフルエンサーとのコラボレーションや、独自のハッシュタグを用いたキャンペーンなど、多くの方法があります。


3. コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ブログや動画、インフォグラフィックなど、魅力的で有益なコンテンツを作成し、ターゲットオーディエンスに提供することで、関心を喚起しブランドの価値を高める手法です。コンテンツの質を高め、定期的に更新することで、訪問者のリピート率が上がります。


4. Eメールマーケティング

Eメールマーケティングは、顧客や見込み客に向けたメールを通じて、製品やサービスのプロモーションや情報提供を行う手法です。パーソナライズされたコンテンツやタイムリーな情報を提供することで、効果的なカスタマーエンゲージメントを実現できます。


5. 広告戦略

オンライン広告は、Google AdWordsやFacebook Adsなどの広告プラットフォームを活用して、製品やサービスをターゲットオーディエンスに効果的に露出させる手法です。広告戦略には、PPC(ペイ・パー・クリック)広告やディスプレイ広告、リターゲティング広告などがあります。予算やターゲットに応じて最適な広告タイプを選択し、効果的な広告キャンペーンを実施することが重要です。


これらの5つの要素を組み合わせることで、Webマーケティングは企業にとって強力な武器となります。潜在顧客に対して、適切なタイミングと方法でブランドや製品をアピールすることで、顧客獲得やブランドロイヤリティの向上が期待できます。また、データ解析を行い、戦略の改善や最適化を繰り返すことで、Webマーケティングの効果を最大限に引き出すことができます。



<bard執筆>


ウェブマーケティングとは、ウェブサイトやその他のオンラインチャネルを使用して製品やサービスの認知度を高め、リードや売上を獲得するプロセスです。これには、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング、検索エンジンマーケティング(SEM)、有料広告などの戦略が含まれます。


ウェブマーケティングは、今日のビジネスで不可欠なツールです。デジタルファーストの世界では、消費者はオンラインで製品やサービスに関する情報を見つけることがますます多くなっているため、企業はターゲットオーディエンスにリーチするためにウェブマーケティング戦略を採用する必要があります。


ウェブマーケティングには多くの利点があります。ウェブマーケティングは、企業が次のことができます。


* 製品やサービスの認知度を高める:ウェブマーケティングは、ブログ投稿、ソーシャルメディア投稿、有料広告などを通じて、企業がターゲットオーディエンスにリーチするのに役立ちます。これにより、企業は製品やサービスの認知度を高め、潜在的な顧客にアピールすることができます。


* リードや売上を獲得する:ウェブマーケティングは、リードフォーム、ウェビナー、有料広告などを通じて、企業がリードや売上を獲得するのに役立ちます。これにより、企業はビジネスを成長させ、収益を増やすことができます。


* ブランドを構築する:ウェブマーケティングは、ブログ投稿、ソーシャルメディア投稿、有料広告などを通じて、企業がブランドを構築するのに役立ちます。これにより、企業は信頼を築き、忠実な顧客基盤を構築することができます。


* 競争に打ち勝つ:ウェブマーケティングは、企業が競合他社に打ち勝つのに役立ちます。今日の市場では、消費者はオンラインで製品やサービスに関する情報を見つけることがますます多くなっているため、企業はターゲットオーディエンスにリーチするためにウェブマーケティング戦略を採用する必要があります。



【結果】

これは「主観」の問題なので、その前提で。

日本語は、海外に人にとって、とても難しい言語です。

特に「助詞」の使い方が難しく、カタコトの日本語は、大抵助詞が抜けてたり、間違ってたり。


で、その点から見ると、ChatGPT-4は、一箇所も助詞を間違えていません。この優秀さは、bardの結果を見ることで、逆に明らかになりました。


<bard執筆部分>

・ウェブマーケティングは、企業が次のことができます。


また、同じ表現でも、bardは英語をそのまま翻訳機にかけたような表現が随所に。


<ChatGPT>

インターネット上での製品やサービスの販売促進を目的としたマーケティング手法であり、デジタル時代のビジネス戦略に欠かせない要素となっています。


<bard>

今日のビジネスで不可欠なツールです。デジタルファーストの世界では、消費者はオンラインで製品やサービスに関する情報を見つけることがますます多くなっているため



んーー。bard、、、いまいち。

逆にChatGPT-4が、どれだけ流暢な日本語を話すのか、浮立つ結果に。


さて、Google。

この流れに追いつけるのか?

それとも、時代は変わるのか?


見守っていきたいですね!


 

著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ

Comments


bottom of page