top of page

コンテンツマーケティング成功戦略 - 国内企業が体現する最強の実践法

コンテンツマーケティング成功戦略 - 国内企業が体現する最強の実践法


はじめに


近年、マーケティングの世界で大きな注目を集めている「コンテンツマーケティング」。これは、自社の製品やサービスの良さを直接訴求するのではなく、価値ある情報を提供し、顧客の信頼を得てからビジネスチャンスをつかむという新しい形のマーケティング手法です。


ここでは、日本の企業が取り組むコンテンツマーケティングの戦略について、具体的な例を交えて解説します。



1. コンテンツマーケティングとは何か?


コンテンツマーケティングは、企業が自社の商品やサービスについて、購買につながるような価値ある情報を提供する戦略です。


具体的には、業界のトレンド、ノウハウ、体験談などを情報として提供し、顧客の関心を引きつけ、信頼を築きます。


その結果、自社の商品やサービスを必要とする時に、顧客は自然と自社を思い浮かべるようになるのです。



2. 日本におけるコンテンツマーケティングの事例


日本でも、多くの企業がコンテンツマーケティングを活用しています。


その一つが、住宅設備メーカーの「LIXIL」です。LIXILは自社のWebサイトにて、「リフォームの知識」や「住まいのヒント」などの情報を提供しています。


これにより、リフォームを検討している人々がLIXILのサイトを訪れるきっかけを作り、その結果、LIXILの商品を選ぶ可能性を高めています。



また、日本最大級のビジネスSNS「LinkedIn」も、コンテンツマーケティングの一環として、様々な業界のエキスパートによる記事やインタビューを掲載しています。


これにより、ビジネスパーソンのニーズに合わせた情報を提供し、LinkedInの利用を促しています。



3. コンテンツマーケティングの効果とは?


コンテンツマーケティングの効果は、数字で確認できます。一般的に、SEO(検索エンジン最適化)対策が適切に行われたコンテンツマーケティングは、ウェブサイトへの訪問者数や滞在時間、そして最終的にはコンバージョン(商品購入や問い合わせなどの具体的な行動)に貢献します。


「Demand Metric」の調査によれば、コンテンツマーケティングは、従来型のマーケティングに比べて


費用対効果が3倍高い


とされています。また、コンテンツマーケティングを実施する企業は、そうでない企業に比べて


ウェブサイトへの訪問者数が7.8倍多い


というデータもあります。



日本における具体的な事例としては、「リクルートライフスタイル」があります。彼らは、美容室予約サービス「Hot Pepper Beauty」のサイトに、美容に関する情報やヘアスタイルのトレンド情報を提供。その結果、月間訪問者数は数千万人を超え、リピーターの割合も高く、コンテンツマーケティングの成功例とされています。



4. コンテンツマーケティングの戦略とは?


成功するコンテンツマーケティングには、しっかりとした戦略が必要です。まずは自社の目標を明確にし、その目標に向けてどのような情報を提供すれば良いのかを考えます。次に、ターゲットとなる顧客のニーズや関心を理解し、それに合った情報を提供することが重要です。



また、SEO対策も重要な要素の一つです。具体的には、ターゲットとなるキーワードを適切に選び、それを用いて質の高いコンテンツを作成します。これにより、検索エンジンからの訪問者を増やすことが可能になります。



5. コンテンツマーケティングの未来


コンテンツマーケティングは、これからも企業のマーケティング戦略において重要な役割を果たすでしょう。


特に、消費者の購買行動がデジタル化する中、企業が直接顧客とコミュニケーションを取るチャンスが増えてきています。そのため、コンテンツマーケティングの重要性はこれからも増していくと考えられます。



2021年の調査によれば、企業の約70%がコンテンツマーケティングの予算を増やす予定であると報告しています。これは、コンテンツマーケティングがビジネスに与える影響の大きさを示しています。



日本国内においても、このトレンドは変わらず、多くの企業がコンテンツマーケティングに力を入れています。


例えば、大手IT企業の「サイバーエージェント」は、自社のメディアにおいて様々なコンテンツを提供し、その中で自社の広告ビジネスを強化しています。


また、大手旅行サイト「じゃらん」も、観光情報や旅行のヒントを提供することで、自社サイトへの訪問者数を増やしています。



6. まとめ


コンテンツマーケティングは、顧客に価値ある情報を提供することで信頼を築き、ビジネスチャンスを増やす戦略です。日本においても多くの企業がこの手法を活用しており、その効果は明らかです。


しかし、単に情報を提供するだけではなく、目標を明確にし、ターゲットとなる顧客のニーズに合わせた情報を提供すること、そしてSEO対策を行うことが重要です。



これからもコンテンツマーケティングの重要性は増していくでしょう。企業にとっては、この新しいマーケティング手法をどのように活用していくかが、ビジネス成功の鍵となるでしょう。


 

著者名:

【可児波起:海辺の部屋CEO】

ラップミュージシャンとしてメジャーデビュー。障がい者の介護職をするラッパー「介護ラッパー」としてフジテレビで2度特集。ビジネス領域では、「デジタルマーケティング」「Webマーケティング」のスペシャリストとして「ナショナルクライアント(東証プライム)企業」で、戦略コンサルタントなどを行う。高速のキャッチアップ、PDCAで、「確実に成果を出し」続けている。

「マーケティングは『愛』である」という、「人の優しさ」を大切にしている


海辺の部屋ホームページ

Comentários


bottom of page